ニューストピックス

ニューズウィーク日本版アーカイブ&スペシャルリポート

イラン動乱の行方

イラン動乱の行方

改革派と保守派の対立は
シーア派国家をどう変えるのか

2009.06.26

6月12日に行われた大統領選挙では現職の保守強硬派、アハマディネジャドの圧勝が発表された。選挙結果に抗議する改革派とその支持者は首都テヘランでデモを展開、警官らと衝突した。改革派の不満の根はどこにあるのか、過去4年のアハマディネジャド政権から読み解く。
Photo:Reuters

イラン

テヘラン対話の処方箋 

革命から30年を迎える今もアメリカを激しく挑発するイラン、米大使館占拠事件の元人質が説く「正しい外交」の始め方 [2009年2月18日号掲載]

2009.06.26
イラン

イランが微笑む本当の理由 

ガザ攻撃で揺らぐ穏健アラブ社会のイラン包囲網 [2009年1月21日号掲載]

2009.06.26
イラン

問題はガザよりもイランの核保有だ 

駐米イスラエル大使が語る本当の不安 [2009年1月14日号掲載]

2009.06.26
イラン

核開発阻止に効くアメとムチの使い方 

強気の裏で外圧には敏感に反応するイランに制裁と対話の併用で計画断念を迫れ [2008年12月31日号掲載]

2009.06.26
イラン

テヘラン高官からオバマへの注文 

テヘラン高官からオバマへの注文 [2008年8月 6日号掲載]

2009.06.26
イラン

一線を越えるミサイル実験 

イランの発射実験は「第5次中東戦争」の幕が開く可能性が [2008年7月23日号掲載]

2009.06.26
イラン

原油高騰とイラン攻撃の幻影 

アメリカの軍事介入への憶測が呼ぶ投機で悪循環から抜け出せるか [2008年7月16日号掲載]

2009.06.26
イラン

イランと核と千一夜作戦 

強硬姿勢を続けてきたイランが交渉に前向きに——方針転換は問題解決の兆しか、得意の引き延ばし戦略か [2008年7月16日号掲載]

2009.06.26
イラン

世界がやきもきするイランの火遊び 

世界が注視する核開発問題の本当の脅威は [2008年4月16日号掲載]

2009.06.26
イラン

イラン改革派の逆転シナリオ 

総選挙に大敗しても最低限の議席を取れれば改革派にも反撃のチャンスはある [2008年3月19日号掲載]

2009.06.26
イラン

文明の衝突へのカウントダウン 

強硬派大統領を誕生させた新支配層はアメリカとの全面対決を本気でねらっている [2005年9月 7日号掲載]

2009.06.26
中東

アハマディネジャド再選に黄信号

6月12日のイラン大統領選で再選を目指すアハマディネジャドに、体制内部からも批判が高まっている。イラン革命防衛隊のベテラン隊員が本音を明かしてくれた。 

2009.06.05
  • 1

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 6

    ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

  • 7

    【大江千里コラム】だから僕はポップスを手放した

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!