コラム

米中貿易戦争で迷走の習近平に「危機管理できない」疑惑

2019年10月03日(木)09時48分

強気になったトランプ政権に対し、習政権はまた柔軟姿勢を示して話し合いによる問題解決を訴えた。6月下旬に大阪で開かれたG20の期間中、習はもう一度トランプと会談して妥協の道を探った。会談の結果、アメリカ側が中国に対する新たな制裁関税の発動をしばらく行わないと表明したのに対し、中国側はアメリカから大豆などの農産物を大量に買うことを約束した。

しかし、どういうわけか会談後に中国側は「大豆を大量に買う」約束を一向に実行しない。それに業を煮やしたトランプ政権は、9月1日に対中制裁関税の第4弾を発動し、新たに1100億ドル分の中国製品に10%の追加関税をかけることにした。中国側も直ちに報復措置をとして、2回に分けて計750億ドル分の米国製品に5~10%を課す計画を公表。1日には原油や大豆など1717品目に対して発動した。

米中貿易戦争はさらなる拡大の一途をたどっていくのか――と思った矢先、9月中旬に入ると中国側はまたもや腰を低くしてアメリカに譲歩してきた。自ら発動したばかりの大豆などの米国農産物に対する制裁関税を「免除」にしたうえ、6月の米中首脳会談で約束した米農産物の大量購入を実施した。今さら約束を実行するのなら、どうして最初に同じことをやらなかったのだろうか。

中国側が譲歩したことでアメリカ政府も態度を軟化させ、話し合いに応じることになった。結果的に10月10日から米中貿易協議が再開されることとなっているが、その結果がどうなるかはまったく油断できない。協議再開によって米中貿易戦争が直ちに収束することはまずない。2018年7月、アメリカ側の発動した制裁関税第1弾に対し、習政権が「断固とした」反撃を行った時点で、貿易戦争の拡大はすでに既定路線になったからだ。

あやふやな対応で「ドツボ」に

しかし一連の経緯を丹念に見ていると、アメリカとの貿易戦争にどう対処するかという国家の一大事に当たって習政権は、さらに言えば習本人は、まったく無定見のままでその場その場での対応をしていたことがよく分かる。柔軟な姿勢で対処するなら、最初からその姿勢で当たればその後の展開は全く違ってくる。強硬姿勢を最後まで強硬姿勢を貫くのも良い。しかしそのどちらでもないようなあやふやな対応をとった結果、アメリカからかけられる制裁関税の範囲と量がますます増え、中国自身が決して望まない貿易戦争は拡大する一方になった。

人口14億人の大国を統治する習政権は、肝心の危機管理に関してどうしてこれほど無定見であやふやなのだろうか。習自身の政治家としての資質によるものか、それとも習体制そのものに何かの致命的な弱点があるからなのか。

本コラムでいずれ、この問題をより深く掘り下げて考察するつもりである。

20191008issue_cover200.jpg
※10月8日号(10月1日発売)は、「消費増税からマネーを守る 経済超入門」特集。消費税率アップで経済は悪化する? 年金減額で未来の暮らしはどうなる? 賃貸、分譲、戸建て......住宅に正解はある? 投資はそもそも万人がすべきもの? キャッシュレスはどう利用するのが正しい? 増税の今だからこそ知っておきたい経済知識を得られる特集です。

プロフィール

石平

(せき・へい)
評論家。1962年、中国・四川省生まれ。北京大学哲学科卒。88年に留学のため来日後、天安門事件が発生。神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。07年末に日本国籍取得。『なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか』(PHP新書)で第23回山本七平賞受賞。主に中国政治・経済や日本外交について論じている。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、独立記念日に記念碑破壊批判へ 景勝地で

ワールド

アングル:豪経済の長期繁栄に終止符、構造転換がコロ

ビジネス

焦点:「バイデン大統領」に備える投資家、ドル売りに

ワールド

NFLレッドスキンズ、チーム名変更検討へ 人種差別

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 9

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 10

    韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!