注目のキーワード

コラム

大義なき悲惨な戦争...プーチンは、ブッシュの「イラク戦争」を見習った?(パックン)

2022年03月23日(水)17時25分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
ブッシュ元米大統領

©2022 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<相手国に妄想を抱き、もしくは妄想を国民に信じ込ませ、血みどろの結果を招いたウクライナ戦争とイラク戦争の共通点。世界にとっては悲劇的なデジャブだ>

ロシアのウクライナ侵攻のニュースを見ていると、以前にも同じ体験をした錯覚を覚える。「デジャブ」というやつだ。相違点も多いが、2003年のイラク戦争時との共通点を風刺画はうまく要約している。

まずはdelusional president(妄想を見ている大統領)。ロシアのプーチンもアメリカのブッシュ(当時)も相手国に大量破壊兵器や核兵器の開発計画があることなど、全く現実と無関係の空想を信じているようだ。もちろん、わざと国民と世界をだまそうとウソをついた可能性もあるが。

ちなみにある調査によると、ブッシュと米政府幹部7人は計935回もこういったウソをついたという。7人で935回のウソ!

まあ、「1人で3万回以上のウソをつく」という記録を樹立したトランプ前大統領の前ではかわいく感じる数字だけど。

侵攻の理由が計算ずくの偽りだとしても、プーチン政権やブッシュ政権は侵攻軍が相手の国民に「解放軍として歓迎される!」と思い込み、早期勝利を見込んでいたようだ。これもれっきとした妄想だろう。戦争の期間の長さやコスト、犠牲者の数などを楽観的に見積もっていたのもそうだ。

両大統領の夢は甘かったが現実は苦い。風刺画によればどちらの戦争もbloody, unjust war(血みどろの大義なき戦争)だ。イラク戦争の犠牲者数は調査によって大きく変わるが、少なくとも15万人、多くて100万人以上とされる。ウクライナ戦争の死亡者数は......残念ながらここに記しても、このコラムが世に出るまでに数字が古くなってしまうかもしれません。

最後の共通点は国際社会が戦争を抑止できなかったこと。イラク戦争はロシア、ドイツ、フランス、中国などが反対した。ウクライナ侵攻後にロシアは141もの国から非難され、史上最大規模とされる経済制裁を科された。厳密には世界はsit by and allow(傍観していた)わけではないが、どちらにおいても侵攻を止める力はなかったようだ。

これらの共通点は偶然かもしれない。またはプーチンがブッシュから見習ったのかもしれない。いずれにせよ、ウクライナ情勢を見ていると、以前も同じ体験をした錯覚を覚える。「デジャブ」というやつだ。あっ、この文もデジャブか?

ポイント

HOW CAN THE WORLD SIT BY AND ALLOW A DELUSIONAL PRESIDENT TO ENGAGE IN A BLOODY, UNJUST WAR?
一体どうして世界は妄想狂の大統領が血みどろの大義なき戦争を始めるのを傍観しているのだ?

OH, RIGHT...
あっ、そっかぁ......

 20220705issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年7月5日号(6月28日発売)は「広がるインフレ 世界経済危機」特集。ウクライナ戦争、急激なインフレ、食料・エネルギー不足、そして米バブル崩壊。「舵取り役」なき世界経済はどこへ


プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:米株上期は半世紀ぶり大幅安、下期も身構え

ワールド

米は「アジア版NATO」構築、北朝鮮が非難 防衛力

ビジネス

午後3時のドルは小幅安、実需売りの後は一進一退 ト

ビジネス

日経平均は大引け=3日続伸、米国の金融引き締めへの

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 9

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中