コラム

15歳の息子に銃を与え、銃乱射事件の予兆を「すべて見逃した」親の教育方針

2021年12月21日(火)18時18分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
警戒標識(風刺画)

©2021 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<11人の死傷者が出た銃乱射事件の容疑者は授業中に弾丸を買おうとし、グロテスクな絵を描いていたが、学校に呼び出された親は知らん顔>

僕はお手本のような親ではない。パックンマックンのライブを見た翌日に長男がコントのセリフ「洗剤でも飲もうかな」を小学校で言いふらしていたことで呼び出されたこともある。

だが、Caution: Bad Parents(注意:悪い親)という標識を立てられるほどではないだろう。アメリカで、それが必要そうな親に注目が集まっている。ミシガン州の高校で11人の死傷者が出た乱射事件の容疑者の親、クランブリー夫妻だ。

2人は2021年11月26日、クリスマスプレゼントとして15歳の息子に半自動式拳銃を贈った。それだけでは悪い親とはされない。銃をプレゼントする親は多いのだ。不思議なことに、アメリカの子供にとって「平和の王子」イエス様の誕生日は殺傷力アップの日でもある。

悪いのはその後。事件の前日に息子は授業中に携帯電話で「弾丸ショッピング」をしていたようだ。短時間でたくさん買うという意味ではなく、本物の弾丸をサイトで物色していた。

教師にそれを知らされた母はすぐ息子にメールを送ったが、その内容をクイズにしてみよう。「(笑)。怒っていないわ。でも〇〇を学ばないといけないよ」というメールだが、〇〇の中に入る、学んでほしいことはなんでしょう? 正解は「試験に出る情報」や「教育を正しく受ける姿勢」ではなく「(弾丸を検索していることを)見つからないコツ」だ。

さらに事件当日の朝、息子が描いた不気味な絵が教師に見つかり、クランブリー夫妻は緊急呼び出しされた。絵の内容は、ピストル、弾丸、出血している死体。そこに添えられた文章は、「考えるのを止められない。助けて」や「どこも血だらけ」「人生は無駄だ」「世界は死んだ」など。弾丸の次は、ショッキングな絵。親の反応は? カバンに銃が入っているか確認もせず、そのまま息子を学校に置いて帰ること。

そのあと学校で乱射事件が起きていることを聞いた母は息子にまたメールした。でも、安否確認などではなく、「イーサン、やらないで」という内容。そして、父は学校で乱射しているのは自分の息子かもしれないと、警察に連絡した。

「え? 乱射事件?! うちの子、撃たれてない?」と心配するのが普通だが、この2人は「うちの子、撃ってない?」と思ったわけ。それほど心当たりがあれば、事前に止める責任があったはず。2人は過失致死罪で起訴されている。

クランブリー夫妻、悪い親グランプリを取れそう。

ポイント

A SCHOOL ZONE WARNING SIGN WE COULD USE...
スクールゾーンにこんな警戒標識を立てるべきかも...

 20220705issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年7月5日号(6月28日発売)は「広がるインフレ 世界経済危機」特集。ウクライナ戦争、急激なインフレ、食料・エネルギー不足、そして米バブル崩壊。「舵取り役」なき世界経済はどこへ


プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

小売販売5月は前年比3.6%増、ガソリン高騰・行動

ビジネス

寄り付きの日経平均は反落、値がさ株や半導体関連株が

ビジネス

米、ロシア産金の輸入禁止 防衛産業など100以上の

ビジネス

日銀は緩和的な金融政策維持へ、黒田総裁が26日のセ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 2

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの実態

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 5

    「中の人」の視点で終わった『東京2020オリンピック …

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 8

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 6

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴…

  • 7

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 10

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中