コラム

トランプのヘイト発言に熱狂的な岩盤支持(パックン)

2019年08月03日(土)13時50分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
トランプのヘイト発言に熱狂的な岩盤支持(パックン)

Trump's "Go Back" Remark / (c)2019 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<人種差別や女性蔑視、外国人恐怖症......ヘイトに満ちた人がこんなにいるアメリカはもう立て直しようがないかもしれない>

この国を批判する前に、崩壊して犯罪まみれの出身国に帰って、立て直す手助けをしたらどうか――ドナルド・トランプ米大統領が野党の女性議員4人に対してツイッターでこう攻撃した。僕もたまに2ちゃんねるなどで同じようなことを書かれるが、それとこれとは確実に違う。

まず、4人はアメリカ国籍を持っている。うち3人はアメリカ生まれ。実はトランプも移民の親から生まれたアメリカ人だ。一方、僕は日本の永住権を持っているが、ふざけて本名を「鳩゚陸波乱」と書くことがあっても国籍はない。

次に、4人は下院議員。有権者に選ばれた公職者だ。僕は「イケメンなのにそそられない男性有名人ランキング」で6位に選ばれているが、これは在留資格を伴わないものだ。

最後に、4人に「帰れ」と言っているのは大統領。イスラム圏からの入国を禁止しようとしたり、メキシコとの国境に壁を建てようとしたりして、外国人廃絶政策を推す権力者だ。僕を批判しているのはネトウヨで、外国人労働者の受け入れを推進する日本の首相ではない(はず)。安倍さんが、わざわざ2ちゃんねるに書き込んでいるなら、むしろ光栄だ。

Go back to where you came from! 風刺画では4人がトランプ顔の生き物に同じような文句を返している。その絵から、相手を気持ち悪い虫けら扱いにする、有名なけなし文句 Go back to whatever rock you crawled out from under !(はい出てきた石の下に帰れ!)にちなんでいることが分かる。「トランプ虫」の出元は racism(人種差別主義)、misogyny(女性蔑視)、xenophobia(外国人恐怖症)、hate(ヘイト=憎しみ)と書かれた石。「そんなものを多様性に富んだ寛容な今のアメリカに持ち込むな」と風刺画家は言いたいのだろう。

残念ながら、非現実的なメッセージだ。「バラク・オバマはケニア人だ」「メキシコからの移民はレイプ犯や犯罪者だ」などと主張しながら、トランプは大統領選挙に当選した。就任後も、ネオナチを「いい人」とかばっても、アフリカ諸国を「クソだめの国々」と言っても支持率は下がらない。持ち込んだのではなく、もともとあった差別的な思想に便乗してトランプ大統領が誕生したとみられる。現に、先日の集会の演説でトランプが4人のうちの1人を批判した瞬間、聴衆が「Send her back! Send her back!(か・え・せ! か・え・せ!)」とコールを上げた。あの虫のすみかは石というより、硬い岩盤のようだ。

人種差別や女性蔑視、外国人恐怖症、ヘイトに満ちた人がこんなにいる国はもう立て直しようがないかもしれない。申し訳ないが、しばらく僕を帰さないでいただけますか?

<本誌2019年8月6日号掲載>

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

20190806issue_cover200.jpg
※8月6日号(7月30日発売)は、「ハードブレグジット:衝撃に備えよ」特集。ボリス・ジョンソンとは何者か。奇行と暴言と変な髪型で有名なこの英新首相は、どれだけ危険なのか。合意なきEU離脱の不確実性とリスク。日本企業には好機になるかもしれない。


プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ビジネス

富士フイルム、iPS細胞研究の再生医療ベンチャーに

ビジネス

日経平均は強もちあい、識者はこうみる

ビジネス

日経平均は強もちあい、高値警戒感から足踏み状態

ワールド

米下院歳入委の民主議員、ブラジルとの通商合意に反対

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 3

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 4

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 5

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 8

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 9

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 10

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!