コラム

トランプvs下院議長、政府閉鎖でアメリカは大混乱(パックン)

2019年02月07日(木)18時45分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
トランプvs下院議長、政府閉鎖でアメリカは大混乱(パックン)

Shutdown Turmoil / (c) 2019 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<年末から政府機関の一部が停止する「政府閉鎖」に陥ったアメリカ。一部の職員には給与が支払われず、ゴミの回収も滞る事態は、いくらトランプでも自慢できない>

米大統領の一般教書演説を指すのが The State of the Union だが、直訳すると「合衆国の現状」になる。毎年1月に議会両院の議員を前にして行われるこの演説が今年は延期された。原因は、昨年末から続いていた record government shutdown(史上最長の政府閉鎖)とその中で過熱した大統領と下院議長との対立。

まずナンシー・ペロシ下院議長が警備の心配を口実に、政府閉鎖中は大統領を議会にお招きするなんてできないと、招待を撤回した。報復として大統領は、政府閉鎖が解消されるまで軍用機は使えないと通告し、ペロシの外国訪問を中止させた。ちなみに、同時期にメラニア大統領夫人は軍用機でフロリダ州の別荘マールアラーゴに飛んでいる。「夫婦閉鎖」の解消は既に諦めているのだろうか。

実は、演説を中止するという選択肢もなくはない。憲法には大統領が定期的に議会に報告する義務が定められているが、その報告は20世紀初頭までは書簡で行われていた。1913年にウッドロー・ウィルソン大統領が気付いたのは、演説ならば政策への支持集めに使えるということ。さらにロナルド・レーガン大統領が定着させたのが、演説でアメリカを褒めることだ。1983年に「The state of the union is strong(アメリカの現状は盤石だ)」とレーガンが断言したときから、同義の表現が毎回演説で使われるようになった。トランプも昨年、レーガンと同じ言葉を使った。

今回もそうしたかったはずだが、政府閉鎖中のアメリカの状況はみっともないものだった。給与がもらえない政府職員は炊き出しでしのいだ。沿岸警備隊は生活に苦しむ職員にガレージセールの実施を勧めた。FBIはタイヤが買えなかった。食品医薬品局は食品検査が、国土安全保障省は空港の保安検査がまともにできていなかった。国立公園局はゴミの回収ができなかった。

首都ワシントンもゴミだらけだったことを指し、風刺画はトランプ政権下のアメリカの現状を揶揄している。いくら事実にこだわらないトランプでも、これでは自慢できなかったのだろう。

1月25日にようやく閉鎖は解消され、一般教書演説は2月5日に行われる。でも、この風刺画はまだ捨てないほうがいい。2016年大統領選挙へのロシアの介入を調べるロバート・ムラー特別検察官の調査が大詰めを迎えているからだ。200件以上の重罪で30人以上が起訴されている。残るは大物一人。今回の風刺画ではトランプがゴミ箱に入っているが、それをブタ箱に描き直すと次回に使えるかもしれないね。

<本誌2019年02月12日号掲載>

※2019年2月12日号(2月5日発売)は「袋小路の英国:EU離脱3つのシナリオ」特集。なぜもめている? 結局どうなる? 分かりにくさばかりが増すブレグジットを超解説。暗雲漂うブレグジットの3つのシナリオとは? 焦点となっている「バックストップ」とは何か。交渉の行く末はどうなるのか。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!