コラム

福原愛を溺愛し、台湾人の夫を罵倒する中国人の心理

2021年03月27日(土)13時30分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

China's Twisted Love / (c)2021 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<「愛ちゃん」は中国のトップ選手にはまず勝てなかった、だからこそ中国人は「かわい過ぎる」存在として認めてきた>

卓球女子元日本代表の「愛ちゃん」こと福原愛の家庭危機が最近、日中両国のSNSで大炎上した。日本では不倫疑惑への批判が多かったが、中国では彼女の夫で台湾人の江宏傑(チアン・ホンチエ)のモラハラが注目され、福原愛を無条件に応援し、江宏傑を一方的に罵倒するファンが多い。

「愛ちゃん、さっさと離婚しよう! あの台湾蛙人は愛ちゃんの夫になる資格がない」「なぜ愛ちゃんが謝罪するのか。あの蛙蛙こそ謝罪するべきではないか」

SNSの新浪微博で9500を超えた江宏傑への罵りでは、「台湾蛙人」「蛙蛙」という言葉がよく使われた。「蛙」は見識がないことを軽蔑することわざ「井底之蛙(井戸の底の蛙)」に由来する。

1980~90年代、貧しかった中国内陸部へ投資する台湾企業家に中国人は金持ちのイメージを抱いていた。ところが近年は中国が金持ちになり、だんだん台湾を見下し始めた。日本人ならまだしも、江宏傑は台湾人だから罵倒しかされない(ちなみに台湾人は単なる家庭トラブルと比較的冷静にみている)。

少女時代から中国・遼寧省のチームで練習をしていた福原愛は、笑顔は天真爛漫、態度も謙虚で礼儀正しく、中国語も遼寧省の東北方言がペラペラなため、中国人から「わが東北の娘」と認められる人気者だ。そして大事なことに、福原愛は中国のトップ選手に勝つことがまずなかった。だからこそ、中国人は福原愛を「かわい過ぎる」存在と認めてきた。

ある中国人ネットユーザーは「愛ちゃんは張怡寧(チャン・イーニン)にしかいじめられない。台蛙のおまえは何者だ!」と投稿した。張怡寧は世界ランキング1位を獲得した中国人卓球選手で、福原愛にとって「大魔王」のような存在。張に負けて大泣きする福原愛を映した動画は中国ネットで話題を呼び、「愛ちゃん泣かないで!」とのコメントが相次いだ。

日本人である福原愛の中国卓球に対する憧れは、現代中国人に自信を与えた。急成長した自国の経済力も台湾人に対する自信になった。福原愛への声援と江宏傑への罵倒。有名人の離婚危機への反応の中に、台湾そして日本に対する中国人の複雑な潜在意識が見え隠れする。

【ポイント】
守护爱酱、打台蛙

「愛ちゃんを守れ」「台湾カエル野郎をやっつけろ」

張怡寧
1982年北京市生まれ。6歳で卓球を始め、2004年アテネ五輪の女子シングルスとタブルスで金メダルを獲得。08年の北京五輪でもシングルスと団体で金メダルに輝いた。五輪、世界卓球選手権、ワールドカップの全てでシングルス優勝の「大満貫」を達成し、卓球女子史上最強選手とも言われた。

プロフィール

風刺画で読み解く中国の現実

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
作家·翻訳者·コラムニスト。ホテル管理、国際貿易の仕事を経てフリーランスへ。コラムを書きながら翻訳と著書も執筆中。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:欧州で相次ぐ名画襲撃、美術品保険料上昇の

ビジネス

日産と仏ルノー、7日の発表見送り、交渉で合意に至ら

ワールド

G7と豪、ロシア産石油上限60ドルで合意 EUも参

ワールド

中国、北京や深センなどでコロナ規制緩和 

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見せた神対応」

  • 4

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 5

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 8

    息子たちは「もうやめて」と懇願...それでもブリトニ…

  • 9

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 10

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 5

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 10

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中