コラム

福原愛を溺愛し、台湾人の夫を罵倒する中国人の心理

2021年03月27日(土)13時30分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

China's Twisted Love / (c)2021 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<「愛ちゃん」は中国のトップ選手にはまず勝てなかった、だからこそ中国人は「かわい過ぎる」存在として認めてきた>

卓球女子元日本代表の「愛ちゃん」こと福原愛の家庭危機が最近、日中両国のSNSで大炎上した。日本では不倫疑惑への批判が多かったが、中国では彼女の夫で台湾人の江宏傑(チアン・ホンチエ)のモラハラが注目され、福原愛を無条件に応援し、江宏傑を一方的に罵倒するファンが多い。

「愛ちゃん、さっさと離婚しよう! あの台湾蛙人は愛ちゃんの夫になる資格がない」「なぜ愛ちゃんが謝罪するのか。あの蛙蛙こそ謝罪するべきではないか」

SNSの新浪微博で9500を超えた江宏傑への罵りでは、「台湾蛙人」「蛙蛙」という言葉がよく使われた。「蛙」は見識がないことを軽蔑することわざ「井底之蛙(井戸の底の蛙)」に由来する。

1980~90年代、貧しかった中国内陸部へ投資する台湾企業家に中国人は金持ちのイメージを抱いていた。ところが近年は中国が金持ちになり、だんだん台湾を見下し始めた。日本人ならまだしも、江宏傑は台湾人だから罵倒しかされない(ちなみに台湾人は単なる家庭トラブルと比較的冷静にみている)。

少女時代から中国・遼寧省のチームで練習をしていた福原愛は、笑顔は天真爛漫、態度も謙虚で礼儀正しく、中国語も遼寧省の東北方言がペラペラなため、中国人から「わが東北の娘」と認められる人気者だ。そして大事なことに、福原愛は中国のトップ選手に勝つことがまずなかった。だからこそ、中国人は福原愛を「かわい過ぎる」存在と認めてきた。

ある中国人ネットユーザーは「愛ちゃんは張怡寧(チャン・イーニン)にしかいじめられない。台蛙のおまえは何者だ!」と投稿した。張怡寧は世界ランキング1位を獲得した中国人卓球選手で、福原愛にとって「大魔王」のような存在。張に負けて大泣きする福原愛を映した動画は中国ネットで話題を呼び、「愛ちゃん泣かないで!」とのコメントが相次いだ。

日本人である福原愛の中国卓球に対する憧れは、現代中国人に自信を与えた。急成長した自国の経済力も台湾人に対する自信になった。福原愛への声援と江宏傑への罵倒。有名人の離婚危機への反応の中に、台湾そして日本に対する中国人の複雑な潜在意識が見え隠れする。

【ポイント】
守护爱酱、打台蛙

「愛ちゃんを守れ」「台湾カエル野郎をやっつけろ」

張怡寧
1982年北京市生まれ。6歳で卓球を始め、2004年アテネ五輪の女子シングルスとタブルスで金メダルを獲得。08年の北京五輪でもシングルスと団体で金メダルに輝いた。五輪、世界卓球選手権、ワールドカップの全てでシングルス優勝の「大満貫」を達成し、卓球女子史上最強選手とも言われた。

プロフィール

ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
作家·翻訳者·コラムニスト。ホテル管理、国際貿易の仕事を経てフリーランスへ。コラムを書きながら翻訳と著書も執筆中。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ビジネス

ECB、銀行の配当制限を近く解除も=副総裁

ワールド

米政府、制裁の解除に同意している=イラン当局者

ビジネス

ユーロ圏PMI、6月総合は15年ぶり高水準の59.

ビジネス

日産社長、3年連続赤字「なんとしても回避」 早期復

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 3

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環…

  • 6

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の…

  • 7

    1億8000万年前から生き残るクモヒトデの新種が発見…

  • 8

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 9

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 10

    台湾・ベトナムから始まる日本版ワクチン外交の勝算

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中