コラム

「解任好き」トランプはロシア疑惑の特別検察官もクビにする?

2018年03月31日(土)14時30分
「解任好き」トランプはロシア疑惑の特別検察官もクビにする?

ムラーの捜査チームはフェアでプロフェッショナルとの評判だが… Joshua Roberts-REUTERS

<ロシア疑惑のムラー特別検察官をトランプが解任したがっているのは明らかで、政治的・法律的な壁は高いものの強行策に出る可能性も>

どんなに偉大な寓話作家でも、トランプ時代に生きる不条理に匹敵する虚構を創作することはできない。私はトランプ政権についての文章を書くとき、可能な限り締め切りを先に延ばす。1つのツイッターのつぶやきやスタッフの解任、非常識な記者会見によって、政治状況が一変する可能性が常にあるからだ。

なかでも3月第4週は特に目まぐるしい1週間だった。中国との貿易戦争、マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)の解任発表、バイデン前副大統領に対し、ツイッターで「ぶちのめす」と脅し、ロシア疑惑を担当するトランプ弁護団の筆頭弁護士ジョン・ダウドの辞任――。

全て私が国際線の旅客機に乗っていた間の出来事だ。トランプ時代には、2時間ニュースに触れていないだけで変化に付いていけなくなる。

ダウドは1週間前、記者に送った電子メールでロシア疑惑の調査の完全な終了を主張したばかりだった。その数日後に辞任した理由は、ムラー特別検察官に対する「ツイート攻撃」を控えるようにという助言を大統領が拒否したからだ。

対決姿勢を強めるトランプは3月18日、ついにツイッターでムラーを名指しで非難した。「なぜムラーのチームには強硬な民主党員が13人もいるのか? その一部は邪悪なヒラリーの有力支援者で、共和党員はゼロ......これで公正と言えるのか?」

ムラーの捜査は「完全な魔女狩り」だと言いたいらしい。政治評論家の間では、「解任好き」のトランプがムラーについても解任準備を進めているとの観測が浮上した。

立ちはだかる訴訟の壁

与党・共和党にはムラーを擁護する声が多いが、大半の議員は短気な大統領から特別検察官を守る立法措置には及び腰だ。同党の重鎮リンゼー・グラム上院議員は、「特別検察官保護法」のアイデアを披露した。特別検察官の解任権限を持つ司法長官または副長官が実際に解任手続きに入る際には、複数の連邦判事で構成される委員会の審査を義務付けるというものだ。

だが、共和党上下両院のリーダーであるマコネル上院院内総務とライアン下院議長は、口ではムラー支持を唱える一方、この法案の審議は拒否した。

トランプは昨年6月にもムラーを解任しようとしたことがある。このまま行けば特別検察官の解任は避けられないような空気だが、実際には(不可能ではないが)かなり難しい。

ムラーは在任期間が最も長いFBI長官経験者の1人。これほど長く公職にありながら、誠実な人柄を疑われたことが1度もない、極めてまれな人物だ。

トランプとその周辺を除けば、ムラーの捜査チームと接触した人々はフェアでプロフェッショナルな仕事ぶりだったと口をそろえる。トランプが本気でムラーを解任したければ、政治的な泥仕合に持ち込む覚悟が必要だ。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女神は「予言」していた

  • 4

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 5

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 8

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 9

    老後資金二千万円問題 「悪いのは誰か」

  • 10

    【南シナ海】中国船による「当て逃げ」にフィリピン…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!