コラム

iPhoneで撮影、北欧の「瞬間」を切り取る20歳のストリートフォトグラファー

2020年02月13日(木)12時40分

コッチが好んで使う帽子や鳥をしばしば取り入れ、ダークで神秘的な雰囲気を作り出している。カラー写真のほうは、色の魔術師とも言われる故ソール・ライターに大きく影響されている。

そのためか、一見すると彼らの作品と間違えることがある。いや、悪く言えば、コピーキャットとさえ思われるかもしれない。だが、モラーが最近出版した写真小冊子----タイトルは「Under the Surface」――の中で述べているように、彼が求めているものは、他の者がつい見逃しがちな何かだ。

表面的な事象の向こうにある、あるいはその下に隠れている、モラーが独自に解釈したメッセージなのである。加えてヴィジュアル的にも、コッチやソール・ライターたちのスタイルをさらにシンプルに、あるいはより大胆に発展させようと試みている。

写真哲学に非常にシャープな概念も持っている。それは、モラーが勉強家であることも垣間見せる。カラー写真の先駆者として世界に最も影響を与えた写真家の一人、エルンスト・ハースの言葉「(そこには)あなた自身とカメラしかない。あなたの写真の限界は、あなた自身の中にある。なぜなら、私たちが見ているものこそ私たち自身なのだから」を引き合いに出し、こう語る。

「それこそ私が言いたいこと。セルフポートレイトを撮影したことがなかったとしても、私の写真は、私自身が何なのかを映し出している」

この写真哲学と、彼のその瞬間その瞬間でのストリートでのムードと、その裏にあるメッセージを本能的に切り取る才能で、モラーの写真は今後さら発展していくかもしれない。

今回紹介したInstagramフォトグラファー:
Joakim Möller @moller_joakim

20200218issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月18日号(2月12日発売)は「新型肺炎:どこまで広がるのか」特集。「起きるべくして起きた」被害拡大を防ぐための「処方箋」は? 悲劇を繰り返す中国共産党、厳戒態勢下にある北京の現状、漢方・ワクチンという「対策」......総力レポート。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

米、新型コロナ死者13万人突破 感染者300万人に

ワールド

米、オンライン授業のみ履修する留学生の滞在認めない

ワールド

トランプ氏、人気カーレースの黒人選手問題で「口撃」

ビジネス

任天堂株が堅調、約2週間ぶりに年初来高値を更新

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 6

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 9

    「君たちのせいだよ」ベルリン地下鉄のマスク着用徹…

  • 10

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 9

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 10

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 7

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 8

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 9

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!