コラム

「動物が重要な役割を担う」フランス人写真家を魅惑した東南アジアの日常

2019年06月21日(金)16時55分
「動物が重要な役割を担う」フランス人写真家を魅惑した東南アジアの日常

From Florian Gautier @flypicture0

<青年時代に遭遇した未知の国は、その人の人生を大きく変える。現在50歳のフロリアン・ゴーティエにとって、マレーシアとミャンマーはそんな国だった>

まったく文化圏の違う未知の国との遭遇は、それが敏感な青春時代であればあるほど、さまざまな影響を与え、ときとしてその人の人生を大きく変える。写真家もその類にもれない。いや、むしろそうしたタイプが多いだろう。

今回取り上げるのもそうした1人だ。長年東南アジアに住み、パリ在住の今も訪れ続けているフランス人、フロリアン・ゴーティエ、50歳。パリで芸術社会学を学び、映像社会学の修士号を取得している。

写真そのものに関してはアカデミックなバックグラウンドはない。だが、ヘンリー・ミラーなどの文学、またスタンリー・キューブリックや黒澤明、それにフランスのヌーヴェルヴァーグといった映像の影響を受けた後、90年代には写真集団マグナムに代表されるフランスの人道主義ムーブメントと、フランスの写真家ロベール・ドアノーのストリートフォトグラフィーに大きく感化されたという。

東南アジアの中でもマレーシアとミャンマー(もしくはビルマ)は、彼が最もはまり込んでしまった国だ。マレーシアは1996年に、何の前知識もなく、友人と何げなく訪れたのがきっかけだった。西洋とは全く違い、マレー、インド、華僑の文化という多様性、それに加えて人々のフレンドリーさに瞬く間に魅惑されたらしい。

それが多くの作品づくりへの機会となる。結果、マレーシアには1998年から本格的に住み始め、延べ9年間も住むことになる。ミャンマーは、外国人に門戸が開き始めた2002年から2011年にかけて頻繁に訪れている。初めて訪れたときは、写真をうんぬんする以前に、その精神文化に圧倒されたとも言う。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

EU首脳会議、英離脱合意へ詰めの調整 中東情勢など

ビジネス

米NHTSA、新車安全性能評価プログラムの見直し再

ワールド

景気低迷時、財政出動の役割大きい=英中銀総裁

ワールド

シンガポール経済、今年は「幸運なら」プラス成長=首

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 3

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からスタッフが消えた

  • 4

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 5

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 6

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 7

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

  • 8

    米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシア…

  • 9

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 3

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 7

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 8

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 9

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!