コラム

アメリカの「独立記念日」が「花火とBBQだけ」である理由とは?

2013年07月04日(木)12時48分

 7月4日は、アメリカでは独立記念日の祝日です。アメリカというと、愛国心が強いとか、国旗や国歌が大好きというイメージがあり、この「独立記念日」の祝い方も確かに派手なものがあります。有名なNYのハドソン川、フィラデルフィア、ワシントンDC、ボストンなどだけでなく、全国各地で盛大に花火大会が行われますし、各家庭は「夏のバケーション」ということで旅行に出かけたり、あるいは家でBBQパーティーをしたり、年間を通じた休日の中でも「楽しみな日」というイメージだと思います。

 しかし、裏返して考えると「それだけ」だということも言えます。「独立記念日」の祝賀行事で、大統領がスピーチをするということもありませんし、そもそも政治家がこの日に何か言うということもありません。また、「独立記念日に当たり、アメリカとは何かを問う」とか「愛国の原点に帰れ」などというような「お堅いシンポジウム」などもありません。

 とにかく、花火とBBQ、これに尽きるのです。例えば、有名な「ホットドック大食い大会」だけでなく、全国で「大食い大会」的なイベントはありますが、これもBBQの延長ですし、花火大会には「野外音楽コンサート」が付随していることも多いですが、これは単に「暗くなるのを待っている間のイベント」に過ぎないわけで、あくまで花火が中心。そう考えると、本当に花火とBBQしかないわけです。

 この日は祝日で、多くの場合は連休になることから、映画館が賑わうのですが、独立記念日にちなんだ映画といえば、何と言ってもローランド・エメリッヒ監督の『インデペンデンス・デイ』(1996年)でしょう。エイリアンがホワイトハウスを爆破してしまうというのも、これに対して大統領自身が戦闘機で戦って「人類の再独立」を達成するというのも、正に「花火大会」の「ノリ」であって、それ以上でも以下でもない作品です。

 国家ということには極めて意識的なアメリカ人ですが、どうして「独立記念日」に対してはこんなに「お気軽」なのでしょうか? 1つには、その歴史的経緯があると思います。アメリカの「独立宣言」というのは1776年の7月4日に行われたわけで、この日を祝賀するのが、この「独立記念日」であるわけですが、実はこの「1776年の7月4日」というのは、そんなに「派手な日」ではないのです。

 植民地住民による英国王軍に対する反乱は、前年に始まっていたのですが、この1776年の7月の時点では勝利するどころか、ボストン周辺での戦いでは苦境が続く中、カナダへ転戦したのも上手く行かず「かなり苦しい」状況になっていたのです。そんなわけで「もう一歩も退かない」という「不退転の決意」を示すために「独立を宣言した」という意味合いが強いわけです。

 では、その「宣言」をすることで士気が高まったり、戦況が好転したかというと、決してそうではなく、特に、ニューヨーク周辺での戦いで負け続けた大陸軍は12月中旬までには、ニューヨーク、ニュージャージーから駆逐されてペンシルベニアに撤退を余儀なくされていました。戦況が好転するのは、その年のクリスマスに決行した奇襲が成功してからですが、その後もフランスの助けを借りなくてはならないなど、そんなに楽な戦争ではなかったのです。

 最終的な戦勝は「ヨークタウンの戦い」で、これが1781年、その後は「憲法を制定して連邦政府を作るのか?」という問題でスッタモンダして、憲法ができたのが1787年。憲法に基いて初代大統領にワシントンが就任して何とか国の体裁ができたのは1789年で「独立宣言」から13年も経っているわけです。

 そんなわけで、1776年7月にはそんなにドラマチックなことは起きなかったのです。ただ、まがりなりにも「独立を宣言してしまった」という事実をもって、独立への求心力にして行ったということはあるようで、その翌年から毎年少しずつ「祝賀行事」が行われていったようです。花火大会や、赤青白の3色の飾り付け、13発の礼砲などといったイベントは、「1周年」である1777年から始まっていると伝えられています。

 つまり「1776年の7月4日」に何かが起きたわけではないが、翌年から「その日」を祝うことが少しずつ伝統となっていったというのが正確なわけです。この日に「シリアスな行事」がないのには、そんな背景があるのです。

 また、憲法制定とか初代大統領就任というような「記念日の祝賀行事」が伝統になっていないのには、政治的な理由があります。先ほど、独立戦争に勝った後に「憲法を制定して連邦政府を作るのか?」という議論に時間がかかったと申しましたが、これはそのまま「連邦政府に大きな責任と権限を」という民主党と、「連邦政府の機能は縮小を」という共和党のイデオロギー対立として、今も激しい対立になっているわけで、記念日をクローズアップすると「政治的な対立」になってしまうと思われます。

 そんなわけで、「7月4日」であれば超党派で祝うことができるし、「独立宣言」自体が大きなイベントではなかったにしても、その宣言の日を毎年祝うことで最終的に独立戦争に勝ったというストーリーは「悪くない」......この日にはそんな背景があるわけで、「真面目なスピーチ」などという野暮なことはやらずに、花火とBBQを楽しむという「ノリ」になっているのです。

 ちなみに、その花火ですが、地方によっては「7月4日の当日」ではなく、前後の適当な日にやるところもあります。私の住むニュージャージー州南部のマーサー郡では、今年の場合、郡主催の花火大会は先週の土曜日、6月29日にサッサと行われてしまいました。そうした「ユルさ」も含めて、「国のかたち」を象徴するこの「独立記念日」が、実にリラックスしたものだというのは、アメリカという国の「国柄」を明るくしているということは言えるでしょう。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

米、中国との首脳会談検討 秋のG20で実現も=大統

ビジネス

米上院の超党派グループ、半導体分野への投資に対する

ビジネス

米、ハイパーインフレの危険性なし=イエレン財務長官

ビジネス

中国による台湾の軍事的占領、近い将来起こる公算小=

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    カメラや望遠鏡が、紙のように薄くなる?光学素子が…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 7

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 8

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    無計画な植林が環境を破壊している 侵略種化や8割衰…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中