コラム

「外国人観光客無償誘致」に賛成できない理由とは?

2011年10月11日(火)11時22分

 今回の「外国人観光客1万人無償誘致」という観光庁のアイディアは、人気グループ「嵐」を起用した「招き猫ニャーン」キャンペーン同様に、「ピントの外れた企画」と言わざるを得ません。このニュースですが、既にアメリカのニュース専門のTV局には広報資料が行っているようで、今日あたりからはニュースの画面の下に流れるテロップ(ティッカー)にニュース短信として流れ始めています。ですが、別に政府間で約束したわけでもないわけですから、今からでも止めるべきではないでしょうか? 11億円というのは大変な金額です。

 報道(読売新聞電子版、及びAFP通信)によれば、原発事故の影響で来日外国人が減っている中で、無料で招待した旅行者に肯定的なレポートをネットで発信してもらうことが期待されているというのです。

 まず、この原発事故の問題があります。放射線の人体への影響に関しては「エネルギーが経済成長に必要という立場から、自分なりにDNA損傷による発ガン確率の統計的傾向について勉強した人」は影響を「低め」に、「自然への人的作為を嫌う中で原発に懐疑的になり、その延長で政府や大企業の情報提供が足りないと感じ、公表されていない危険性を自分なりに勉強した人」は「高め」に受け止める傾向があるわけです。

 これは日本だけに限った話ではなく、日本社会が正に人生観・自然観の問題として真っ二つに引き裂かれているように、諸外国でも全く同じように「両極端」に割れているのです。さて、例えばアメリカの場合で言えば、「クールジャパン」というカルチャーに魅力を感じている人は、圧倒的に後者、つまり「エコ+反原発+嫌放射線」という価値観を持っているわけです。

 勿論、日本が好きで好きで「たまらない」ので、多少のリスクは覚悟してという人は沢山いますが、その多くは日本に住んでいる外国人です。現時点で例えばアメリカに住んでいる「日本のファン」の場合は、「日本は心配だけど、自分は行かない」という人が圧倒的だと思います。

 それでも、「航空券がタダ」という魅力に惹かれて来る人はゼロではないでしょう。ですが、この「タダ」というのがクセモノです。本当に日本が好きな人は、今でも何らかの援助がしたいと思っているわけです。日本の役に立ちたい、必要ならもう一度募金をしても良い、そのぐらいの気持ちが彼等にはあるわけで、そこへ「航空券はタダですよ」というキャンペーンを張るというのは、やはり違和感があると思います。

 勿論、11億円÷1000イコール11万円、つまり1500ドル相当の航空券がタダでもらえるというのなら、応募者は殺到するでしょう。ただ、その多くはコアの日本ファンではないという可能性を覚悟した方がいいのです。コアな日本ファン、日本のカルチャーをよく知っている人は、残念ながらその多くは同時に「嫌放射線カルチャー」の人であり、その嫌悪感情というのは日本で発生しているものと質も程度も同じだからです。

 ということは「無料航空券」を手にする人の多くは、日本カルチャーの初心者である可能性が高いということになります。仮にそうだとすると、次の問題が生じます。それは現在は1ドル=76円台という超円高であるということです。「タダなら行ってみたい」という人に、それほど滞在費の用意があるはずもない中、ホテル代にしても、食費にしてもドル換算では相当な負担になると思われます。

 そう考えると、日本というのは、初心者にはサバイバルが難しい「ディスティネーション」だということを指摘しなくてはなりません。「成田から都心まで何も考えずにタクシーに乗ってはダメ」「ホテルのルームサービスは値段をよく見てから」「安いファミレスやビジネスホテルでは英語は通じない」「ファーストフードのソーダはお代りはダメ」というようなことを徹底しないと、すぐにトラブルになると思います。

 勿論、成田から都心まで京成本線で行くと安いとか、牛丼店の定食は安くておいしいとか、飲み物はコンビニで買ってホテルへ持ち込めば良いとか、地下鉄だけで行けることろは他社線の乗り継ぎは避けるなどといった、色々なトラベル・サバイバル術があるわけで、それを実践している外国人もたくさんいます。でも、それは「上級編」であって、日本初心者には言葉の壁もあって非常に難しいと思われます。

 ということは、よほど「手取り足取り」でケアをしないと、「日本への好意的なコメント」など期待できないと言わざるを得ません。ネットでの「炎上」とか「暴言」というのは匿名性に守られた日本独自の現象だと思ったら大間違いで、英語の世界でもネットによるネガティブ情報の拡散というのは物凄いのです。

 インバウンドの外国人旅行者の激減が、観光関連の産業にとっては大打撃であり、何とかしたいという気持ちは分からないではありません。ですが、原発事故に加えて超円高の現在、投資に対する効果は極めて限定的と言わざるを得ないのです。11億円というカネが本当に使えるのなら、逆に超円高を生かして、若者を中心に多くの日本人に海外の見聞を広めてもらう方が、回り回って日本経済のためになるのでは思います。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

焦点:膨張する中国企業の鉱物資源買収、豪加当局が「

ワールド

焦点:中国、コロナワクチン開発で先頭集団に 「戦時

ビジネス

トランプ氏、学校再開へ再び圧力 税制優遇措置など再

ビジネス

英、EUコロナワクチン事前買取案への不参加表明

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに中国が報復誓う

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後」の日産にXデーが迫る

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    新型コロナの治療薬候補アビガン、臨床研究で統計的…

  • 6

    韓国ソウルのパク・ウォンスン市長、遺体で発見 セク…

  • 7

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 8

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 9

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 10

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 6

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 10

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!