コラム

銀メダリスト、ナンシー・ケリガン選手の悲劇

2010年02月12日(金)14時13分

 ナンシー・ケリガン選手といえば、1994年のリレハンメル・オリンピックの女子フィギュアスケートで銀メダルを獲得した、アメリカの人気者ですが、同時にこのオリンピックの直前に起きた「襲撃事件」の被害者としても有名です。この「事件」の際にはライバルのトーニャ・ハーディング選手が、背後で指示をしていたというスキャンダルが有名です。ハーディング選手は疑惑の中で五輪には出場したものの、感情的になって自滅、一方でケガを乗り越えて出場したケリガン選手はメダルを獲得したというわけで、全米、いや世界中の話題になりました。

 五輪終了後に、ハーディング選手は罪を認めて選手を引退、禁固刑は辛うじて逃れたものの、その後は「スキャンダラスな有名人」ということで、ボクシングや格闘技に進出するなど「お騒がせ」な存在になっていきました。一方のケリガン選手は、五輪の銀メダルを勲章に引退後は、解説者やプロのアイスショーなどで名声を維持していったわけで、「クリーンなケリガン、ダーティなハーディング」という対比をされることが多かったように思います。

 そんな世間のイメージに衝撃を与えたのが、今回、バンクーバーを前にしてのケリガン家の不幸です。今年の1月24日に70歳の父親が兄のマーク・ケリガンともみ合っている中で、急死したのです。兄は逮捕され、もしかすると殺人罪で起訴されるかもしれないというのです。直後には、TVは散々報道していましたが、改めてこの事件のことが気になったのは、今週になって『ニューヨーク・タイムズ』がある記事を掲載していたからです。

 タイトルは『ヒューズ家は、金メダルにも負けない』、2002年のソルトレイク・シティー五輪で優勝したサラ・ヒューズ選手が米国のフィギアスケート殿堂に名を連ねたという出来事と共に、一家の近況を伝える記事です。内容は、イェール大を卒業して充実した日々を送るサラ、妹のエミリもハーバードに復学、ガンを克服した母親も含めて家族はとても幸福だという何のことはないストーリーです。サラはイェール大に在学中も、自分が金メダリストだということを隠さず、時には友人と一緒にに五輪での演技のビデオを見て「短い時間だけどあの時は本当に長く感じた」などと語っていたそうです。

 記事の中には一切出てきませんが、タイトルからしてケリガン家の不幸を意識して書かれたのは明白です。この新聞はニューヨーク地区のローカル紙ですから、マサチューセッツのケリガン家に対して、地元のヒューズ家を持ち上げるというニュアンスもあり、さり気なく母親がユダヤ系のヒューズ家を持ち上げて、アイリッシュのケリガン家とは「違う」という意味合いもあり、何といってもイェール、ハーバードに進学した姉妹を含めた「知的な家庭」を誇るような含みもあると思います。

 この記事を読んで、私はケリガン選手のことが何とも気の毒になりました。アメリカがフィギュアスケートで優秀な選手を輩出してきた背景には、日本や韓国とは違う事情があります。それは、アイスホッケーという文化がまずあり、父親ないし兄弟がアイスホッケー好きであることから、女の子がその影響を受けてスケートをはじめ、才能があるようだとやがてフィギアに進むというパターンです。ケリガン選手の場合は、今回問題を起こしたマークともう一人のお兄さんがアイスホッケー好きで、その影響でスケートに親しんだのです。経済的に恵まれなかった一家では、ケリガン選手のレッスン代を払うために、亡くなった父親がスケートリンクの製氷機運転のアルバイトをしたこともあるそうです。その兄が父の死に関係しているというのです。

 一方で、ヒューズ家の場合も、父親がコーネル大学のアイスホッケー部員だったそうで、その影響でサラもエミリもスケートを始めたようです。ただ、経済的には余裕のあったこの家庭の場合は、教育も熱心で、姉妹のそれぞれがアイビーリーグの一流校に進学しています。経済的な余裕や豊かな教育を受けることで、「オリンピックが全て」ではない思考回路を持つことができる、その結果として「金メダルに負けない家庭」というわけで、ストーリーとしては何とも分かりやすい話です。

 ヒューズ家の「成果」は立派だと思いますが、この記事自体には私は何とも言えないイヤな感じを持ちました。そこにある庶民性を見下すような視線、階層の固定化を追認しているような態度がどうしても気になるのです。記事を書いたのはジョージ・ヴェクセイという記者で、何の悪意もないのでしょうが、もしかしたらこうした種類の「視線」が社会にじわじわ広がっていることが、草の根保守の屈折した心情や、オバマ大統領の知性への反発などを生んでいるのかもしれません。

 ちなみに、今回のバンクーバー五輪では、アメリカの女子フィギュアスケート陣は、日韓のスーパースターたちの陰に入ってしまって、余り話題にはなっていません。一方で、期待されていた女子アルペンのリンゼイ・ボン選手もケガが心配ということで、独占中継権を持っているNBCはCFが売れなくて困っているそうです。そんなわけで現在形での話題が少ない分、ケリガン家の「スキャンダル」が何度も報道されるということもあり、これも気の毒な話です。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)、『アメリカモデルの終焉』(東洋経済新報社)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

トランプ米大統領、OPEC批判 人為的に高い原油「

ビジネス

武田薬、シャイアー買収提案引き上げ正式発表 1株4

ビジネス

GE、第1四半期調整後利益は予想上回る 株価6.8

ビジネス

武田薬、シャイアー買収提案価格引き上げの公算 1株

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能潜水艦が見つかる 

  • 2

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 3

    米中貿易戦争は中国に不利。習近平もそれを知っているので最悪の事態にはならない

  • 4

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 5

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮…

  • 6

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 7

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    地球外生命体との「未知との遭遇」は中国のほうが先?

  • 10

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 6

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 10

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!