コラム

習近平が私営企業に押す「共産党印」の不安

2017年06月19日(月)11時00分

≪中国語原文≫
■中国私企,全面党化

最近,中共针对所有私营企业开展了"党建全覆盖"的强化行动,一些对中国历史略有认知的企业主被吓坏了,决定关闭自己的公司,携全家移民海外。

中共只是要在所有企业里都建立党组织而已,为什么他们会这么恐惧?

因为在1949年后的一段时间,毛泽东以"公私合营"的社会主义改造为借口吞并所有非公企业,所有的土地都被中共没收,无数的商人和企业主的财产被充公,很多富人被迫害致死,中国的经济随着政治动荡而停滞,浪费了近三十年的发展时间。1976年毛泽东去世之后,文革结束,邓小平开始了"改革开放"。

在邓小平和随后的几代中共领导人,他们的策略是发展私营经济,少谈共产主义,允许私营企业和外商投资。到了2011年底时,非公营经济占国内生产总值已经超过一半,那时候领导人恐怕都没想过要强行将党组织推广到私营企业里。

而自从2012年习近平上台之后,对私营企业实行"党建全覆盖"成为强制规定,到了2014年,全国297万私营企业中,已有一半多成立了中共党组织,甚至连外资企业都被要求成立党支部。今年4月20日,习近平在广西强调:"党要管党,党建要全覆盖。"这意味着,以消灭私有制为己任的中共,要将自己的党组织100%渗透到私营企业中去。

中共在私有财产权方面的恶劣历史记录始终让富人们心怀恐惧,习近平上台以来,新闻和言论自由倒退,维权律师大规模被打压,严格限制美元流出的政策已经影响到外商投资,如今又要在私营企业中强行建立中共党组织,种种迹象都让嗅觉敏锐的人意识到大难临头。在自己的企业被强迫打上共产党的印记之前,在一切变得更糟糕以前,企业家们要赶快做决定了。

想对读者说的话:很抱歉,这次的漫画专栏比平时晚了一个礼拜才更新,因为上个月底我和太太移民到美国,刚刚在华盛顿安顿下来。非常怀念在日本三年时间的生活,谢谢读者们的支持,我会继续努力的!

プロフィール

辣椒(ラージャオ、王立銘)

風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

ニュース速報

ビジネス

仏ケリング、第2四半期売上高がほぼ倍化 コロナ制限

ワールド

モデルナ、米国外でワクチン供給に遅れ

ワールド

米州や企業によるコロナワクチン接種義務化、拡大の公

ビジネス

米ケース・シラー住宅価格、5月は17%上昇 16年

>

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよくする」ことが体をゆがませる

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 7

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    ネコは箱の中がお好き......それが「錯覚」であって…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中