コラム

「中国ATM」から援助を引き出すパスワード

2017年02月28日(火)11時40分
「中国ATM」から援助を引き出すパスワード

<ダライ・ラマを招待しないと表明しただけで多額の援助を中国から引き出したモンゴル。中国政府から金を出させるには、「偉大なる中華」の権威を承認するだけでいい>

昨年11月、チベットの精神的指導者ダライ・ラマ14世がモンゴルを4日間訪問したことが中国共産党の不興を招いた。中国外務省はモンゴルにダライ・ラマを受け入れないよう求めたが、モンゴル仏教の指導者はダライ・ラマの訪問が全くの宗教目的であり、政治と無関係だと反論。共産党はこの説明を受け付けず、両国の外交関係は急速に冷却化した。2国間の会議は無期限延期となり、経済協力も一時停止した。

しかし共産党はモンゴルの存在を無視できず、経済危機のモンゴルにとっても中国の投資と貿易は重要だ。結局、モンゴルは共産党に屈服した。外務大臣のムンフオリギルはダライ・ラマ訪問の影響が宗教の範疇を超え、モンゴルと中国の関係に悪影響が生じたと認め、ダライ・ラマをモンゴルに招待しないことを受け入れた。現在の政権の任期内は、宗教の理由であってもダライ・ラマはモンゴルを訪問できなくなった。

この後、2月20日に中国の外務大臣である王毅は北京を訪れたモンゴル外相と会見。中国はあっさりと総額55億ドルに上るIMFの対モンゴル援助計画に参加することを表明した。中国の負担額は22億ドルだ。

ダライ・ラマを今後招待しないだけで、モンゴルが中国から22億ドルの気前良い援助を獲得したことを、中国のネット利用者は不満に思っている。中国の民衆はここ数年、ある国家が「1つの中国」あるいは「釣魚島が中国のもの」と認めるだけで、あるいはダライ・ラマ訪問を拒絶しただけで、政府がすぐに大量のカネを払ってきたことに気付いている。

共産党の対外経済投資・援助に対する考えは、中国古代の皇帝と何ら違いがない。周辺の小国が贈る貢ぎ物そのものの価値は重要ではなく、「偉大なる中華の国」のこの上ない権威を承認するだけで、皇帝から比類なく手厚い恩賞が贈られたのだ。

現在、もし共産党の手から巨額の援助を獲得したかったら、どうするべきか。簡単だ。まず海外で小島を買い、新国家を樹立。国家元首になって、共産党に対してお金を引き出すための「パスワード」を1つ1つテストするのだ。「1つの中国」「釣魚島は中国のもの」「ダライ・ラマを招待しない」......。「パスワード」が分かれば、彼らからいつまでも援助を引き出すことができる。

プロフィール

辣椒(ラージャオ、王立銘)

風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

ニュース速報

ワールド

中国、米に第1段階の通商合意を履行する環境作り期待

ビジネス

欧州の航空旅客予測、前年比60%減に下方修正=IA

ワールド

モーリシャス座礁の長鋪汽船、賠償は「法に基づき誠意

ワールド

IEA、今年の石油需要予測を下方修正 航空燃料が低

>

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 2

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 5

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 6

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 7

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 8

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 9

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 10

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

  • 9

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 10

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!