Picture Power

【写真特集】コンゴの女性版サプールが闊歩する砂煙のランウェイ

THE REMARKABLE SAPEUSES

Photographs by TARIQ ZAIDI

2020年11月14日(土)17時45分
【写真特集】コンゴの女性版サプールが闊歩する砂煙のランウェイ

コンゴ共和国の首都ブラザビルに住むブランダインはファッション集団の「サプーズ」歴35年でエレッセのサングラスとノーブランドのちょうネクタイが目を引く

<普段は主婦や会社員の彼女たちが奇抜なファッションで街を歩けば、ロックスターのように喝采を浴びる>

「優雅で愉快な仲間たちの会」を意味する言葉の略称で、コンゴ(旧ザイール)のおしゃれ集団であるサプール。貧しい若者男性を中心に広がったファッションで、隣国コンゴ共和国の女性や子供たちにも人気だ。数年前には世界からも注目を集めた。

写真家タリーク・ザイディがこのほど出版した写真集『Sapeurs: Ladies and Gentlemen of the Congo』(邦訳・青幻社「SAPEURS サプール」)では、女性版サプールの「サプーズ」も奇抜なファッションを楽しむ姿を映し出す。普段は主婦や会社員として働く彼女らが高級紳士ブランドとカジュアルブランドのハイブリッドコーデに身を包んで街を歩くと、ロックスターのように喝采を浴びる。砂煙が舞い家畜が闊歩する町中で、彼女らは億万長者のように見えるからだ。

だがザイディが出会ったサプール約200人のうち、サプーズは30人以下と少数派。それでも時に2000ドルも費やして着飾る彼女たちのパワーに、男性側も触発される。彼ら、彼女らは今日もコンゴの「ランウェイ」を歩く。

Photographs from "Sapeurs: Ladies and Gentlemen of the Congo" by Tariq Zaidi, published by Kehrer Verlag

ppsapeu02.jpg

(左から)会社員のシンバ、オキリは10歳にしてサプール歴5年、婦警のジュディスはピエール・カルダンのちょうネクタイ


ppsapeu03.jpg

地元で作られたパイプをくわえるのはサプーズ歴36年のコディア。オレンジ色の紳士ブランドでまとめたコーデが印象的だ


ppsapeu04.jpg

ヤミーアが手にするパイプはノーブランドだがシャツとズボンはアルマーニ、靴は高級ブランドのジェイエムウェストン


ppsapeu05.jpg

夫にネクタイを締めてもらうニディアはサプーズ歴9年で、彼女が身に着けるシャツやネクタイ、靴は全て紳士ブランド

ニュース速報

ワールド

ワクチン接種完了なら、マスクなしで集まり可能に C

ワールド

米大統領、11日に国民に向け演説 コロナ禍開始から

ビジネス

ECB、パンデミック買取額119億ユーロに小幅減 

ワールド

NY市、22日に高校対面授業再開 9月の学校完全再

MAGAZINE

特集:3.11の記憶 東日本大震災から10年

2021年3月16日号(3/ 9発売)

未曽有の被害を出した東日本大震災から10年 櫻井翔はなぜ取材し、伝え続けるのか

人気ランキング

  • 1

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 2

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 3

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 4

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 7

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 8

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 9

    「会社が従業員を守ってる!」 コロナ禍のJALやANAの…

  • 10

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 6

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 7

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 8

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 9

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 10

    米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!