Picture Power

【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場

GEORGE FLOYD SQUARE

Photographs by SARAH BLESENER

2020年07月02日(木)11時10分
【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場

【巡礼地】ミネアポリスのジョージ・フロイド殺害現場は追悼と団結の記念碑的な場所になりつつある。地域住民や全米からの巡礼者がこの地を訪れる

<黒人男性が警察官に命を奪われたミネアポリスの交差点は、アメリカ全土から巡礼者が訪れる約束の地になった。本誌「Black Lives Matter」特集より>

故郷の街が嘆きに沈み、怒りに燃え、静かに団結しているのは、心揺さぶられる光景だ。普段は訪れる人も少ない小さな街であるミネソタ州ミネアポリスで、アメリカ全土を、全世界を揺るがすニュースが起きることなどめったにない。
20200707issue_cover200.jpg
ただし警察の暴力と黒人差別は、この街にとっても珍しいことではない。2016年7月には、32歳の黒人男性フィランド・カスティールが郊外で恋人と一緒に車内にいたところを警察に撃たれて死亡した。直後の映像がSNSで拡散すると、街は抗議の声に包まれた。うだるような暑さのなか、人々はカスティールの母の訴えに耳を澄ませた。

抗議デモは平和裏に行われ、人々は法改正を要求した。4年後の5月25日、今度は46歳の黒人男性ジョージ・フロイドがこの街で警察官に命を奪われた。10分弱の映像が拡散すると街は世界のニュースの震源地と化し、デモと暴動が巻き起こった。今回、街を覆ったのは怒りと動乱だ。警察署や通りの建物には火が放たれ、警察は催涙ガスやゴム弾で応戦した。

カスティールの事件の後、次にこんなことが起きれば抗議運動は別次元に向かうだろうと考えていた私は、フロイドの事件に震撼した。警察当局による虐待と人種差別は長年の問題だ。ミネアポリスの人口に占める黒人の割合はたった20%であるにもかかわらず、09~19年に起きた警察の銃撃による犠牲者の実に60%が黒人だった。地域社会と警察当局との火種は既にくすぶっていたのだ。

願わくば、抗議のエネルギーを改革に......

私はフロイド殺害現場の交差点で長い時間を過ごすことにした。通りは次第に追悼と集いの場へと変容していった。抗議運動が街中に広がるなか、現場は地域住民が結束するための記念碑的な場所に。集まる人々は人種も年齢も階級も性別もさまざまで、通りでは料理が振る舞われ、通り沿いのガソリンスタンドは若者のダンススペースになっている。

アメリカ中から人々が訪れ、さながら巡礼地のようだ。壁にはフロイドのイラストが描かれ、近くの空き地には警察に殺害された黒人の名を刻んだ即席の「墓標」が作られた。

各地の抗議運動には多様な年代が参加しているが、ミネアポリスで目立つのは10~30代の若者たちだ。高齢世代はコロナ禍の最中で外出しづらい状況もあるだろうし、何十年も前から抗議デモが繰り返されたにもかかわらず状況が変わらないことへの諦めもあるかもしれない。

私はこの記念の地を写真に収めることにした。人々が集まり、嘆き、協力し合う様子を目にするだけでなく、静かな時の流れも感じられたからだ。私はここに集う一人一人に胸の内を聞き、ポートレートを撮影した。

地域社会がここまで結束し、世界中に広がる運動の波を引き起こすとは想像もしていなかった。あらゆる人種の若者たちが強く結束して立ち上がったことを誇らしく思う。

願わくば、抗議のエネルギーが改革につながればと思う。若い世代は今日もこの交差点に集い、アメリカ社会の構造的人種差別に変化を起こすよう訴え続けている。抗議はアメリカ中で続いていく。

――セイラ・ブレセナー

ppblm02.jpg

【アレクサ・クリステイエンセン(左)、ケイリー・ラス】「私たちは2人とも19歳で、違う人種で、そして姉妹。どちらも養子として引き取られて一緒に育った。互いにできるのは共感し合うこと。一緒に育ちはしたが、完全に異なる世界で大きくなったから。私たちは白人地区で育ち、私たちの声は聞き届けられないといつも感じていた。ただ、聞いてほしい。そして共感してほしい」


ppblm03.jpg

【リリス・スコット(左)、キャット・フィア】「ここに来たのは、私たち(白人)の持つ特権をうまく使うことによってあらゆる人種の人々を守る手段を学ぼうと思ったから。みんなここを訪れて考え、学ぶべきだと思う」


ppblm04.jpg

【暴動の残骸】数日にわたった抗議デモと暴動で放火され、焼け落ちたミネアポリスの酒店


ppblm05.jpg

【追悼の場】事件現場を訪れていたウェズリー・ハミック(左)とクリス・アンダーソン

ニュース速報

ビジネス

7月の中国人民元建て輸出、前年比10.4%増 輸入

ビジネス

消費税率、簡単に切り下げる話には与しない=麻生財務

ワールド

英国、ベルギーなどからの入国者に隔離義務付け 新型

ワールド

アフリカの新型コロナ感染者、100万人突破=ロイタ

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史からそれは明らか

  • 3

    日本人の親による「子供連れ去り」にEU激怒──厳しい対日決議はなぜ起きたか

  • 4

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 5

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 6

    死刑に賛成する弁護士もいる、終身刑ではいけない理…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    フィリピン首都マニラ都市圏が再ロックダウン 新規…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 4

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 7

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 8

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 9

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 10

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 7

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 8

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 9

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!