Picture Power

【写真特集】ラスベガスになれない「成金」マカオ

THE WORLD’S NEW GAMBLING CAPITAL?

Photographs by CHRISTIAN LUTZ

2019年11月21日(木)18時00分
【写真特集】ラスベガスになれない「成金」マカオ

マカオを代表するカジノリゾートホテル、ウィン・マカオは金色に輝く「繁栄の木」が訪問者を出迎える。約10万枚の葉は24金や真鍮製だ

<世界中から観光客が集まるラスベガスと違って、マカオを訪れるのは本土の中国人、香港人、台湾人が大部分を占める>

香港とマカオの間を通って南シナ海に抜ける中国の大河、珠江。ここから眺めるマカオには中国の「成金」ぶりが透けて見える。特権的に許されているカジノ産業が、夢想を現実にしたようなカラフルな街をつくり上げた。その姿は、さながら珠江デルタに浮かぶ楼閣のようだ。

ポルトガル領時代の1847年に合法化されて以降、マカオのカジノは170年以上の歴史を持つ。1999年に中国に返還された後、カジノの独占市場が開放されると、空前のカジノリゾート建設ラッシュが起こった。豪華ホテル滞在と享楽生活を楽しむために訪れる観光客は、今や年間3500万人に上る。

マカオのカジノ開発は本場ラスベガスをモデルにしており、その後の急成長で、売上高は06年にラスベガスを上回る世界一に。ただ、イタリアのベネチアやフランスのエッフェル塔など、ヨーロッパの観光地を再現した街並みに高級ブランド店が立ち並ぶ姿には、どこかやぼったい雰囲気が漂う。世界中から観光客が集まるラスベガスと違い、マカオを訪れるのは本土の中国人や香港人、それに台湾人が大部分を占めている。

アメリカから中国へ、カジノ産業の主役が交代するのは、まだ先の話になりそうだ。

ppmacau02.jpg

多くの統合型リゾート(IR)が集まるコタイ地区に16年にオープンしたウィン・パレスのロビー


ppmacau03.jpg

ラスベガスでも有名な巨大カジノリゾートとマカオのカジノ王の娘が手を組んで設立したMGMコタイのレストラン。店名の「Five Foot Road」はシルクロードの古道「五尺道」にちなむ


ppmacau04.jpg

ベネチアン・マカオ内のショッピングセンターに再現されたヨーロッパ風の街並み

ニュース速報

ワールド

北朝鮮が外相交代か、外交路線に影響も 一部メディア

ビジネス

世銀、2020年のタイの経済成長予想を2.7%に下

ビジネス

英HSBC、株式部門で100人前後を削減へ=関係筋

ビジネス

高値追う米株に危険信号も 目が離せない決算

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物を救出」は本当?

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身男性、生活費8000円の田舎暮らしのススメ

  • 4

    元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」…

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    米中貿易戦争の敗者は日本、韓国、台湾である

  • 10

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 3

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機撃墜に憤る国民

  • 4

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 9

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!