Picture Power

【写真特集】人類と自然の衝突が生む「空虚」

THIS EMPTY WORLD

Photographs by NICK BRANDT

2019年05月10日(金)17時15分
【写真特集】人類と自然の衝突が生む「空虚」

バスターミナルとゾウ。今回のプロジェクトが行われたのはケニアの先住民族マサイが住む地域

<アフリカで住む地を奪われているのは野生動物だけではない。そこに移り住む人々も、元の生活と生活の糧にしてきた豊かな自然を奪われている>

無秩序な開発と急激な人口増加により、人間の居住地が野生動物の楽園を侵食し続けている。写真家ニック・ブラントが写真集『ディス・エンプティ・ワールド』で訴えるのは、そうした途上国での悲劇的な実状だ。

写っているのはゾウなどの野生動物と人間、そして人工的な建造物が同居する奇妙な光景だが、これらは現実ではない。動物と人間それぞれを同じ場所で撮影し、合成したものだ。

ブラントのチームはまず最低限の撮影セットを組み、動物が通るのを何週間も待つ。撮影に成功したら、次はカメラを固定したままでバス停や工場、工事現場といった大掛かりなセットを用意し、エキストラとなる人々を配置して再び撮影する。

この2つを合わせた作品は、確かに架空の光景だが、既に世界で起きていること、そしてこの地で間もなく起きる現実を象徴的に表している。

もう1つ、ブラントは住む地を奪われる動物だけでなく、ここに移り住まざるを得ない周辺地域の人々も同じく被害者だと訴える。彼らもまた元の生活と、生活の糧にしてきた豊かな自然という「資源」を奪われているのだ。写真には写らない、開発業者や政治家など目先の利益を優先する人間によって。


ppempty02.jpg

橋の建築現場と作業員とゾウ。ハリウッドさながらの大規模なセットが組まれている


ppempty03.jpg

<架空の建造物>上写真の撮影風景。ゾウが通る姿を捉えたカメラを固定したまま、画角に収まるよう架空の建築現場を造り上げる。使った資材は次の現場で再利用し、セットの痕跡は一切残さないという。ブラントが共同設立したNPO団体はアフリカ東部の8000平方キロメートルの土地で密猟の監視などを通じた自然保護活動を行っている


ppempty04.jpg

サバンナのライオンと人間。エキストラを集めて行われた「第2部」の撮影は2カ月を要した

ニュース速報

ワールド

トランプ米大統領、マスク輸出禁止令に署名「買いだめ

ワールド

アングル:「人命と経済」、米国が直面する対コロナ対

ワールド

アングル:新型コロナ広がる米刑務所の実態、次々「釈

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(4

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 4

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 7

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 8

    新型コロナウイルス経済対策、現金給付は生活困窮者…

  • 9

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 10

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 5

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 6

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    やっぱり日本は終わりだ

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!