Picture Power

市民19人の本音 ブレグジットを語る表情は明るかった

FACING BREXIT

Photographs by PIOTR MALECKI

2019年03月26日(火)17時15分
市民19人の本音 ブレグジットを語る表情は明るかった

【エイミー・ベザーテ(34)】シンクタンクの研究者。フランス人のパートナーを持つ彼女にとってブレグジットは「ヨーロッパ人としての自己認識を破壊する」政策だ

<ブレグジットの期限が迫り政治は混乱するが、有権者の表情は意外に明るく物静かだ>

※4月2日号(3月26日発売)は「英国の悪夢」特集。EU離脱延期でも希望は見えず......。ハードブレグジット(合意なき離脱)がもたらす経済的損失は予測をはるかに超える。果たしてその規模は? そしてイギリス大迷走の本当の戦犯とは?

◇ ◇ ◇

ブレグジット(イギリスのEU離脱)の期限が迫っている。混乱を招いている政治家とは対照的に、ロンドン市民がブレグジットを語る表情は明るい。生活に影響する話題とあって、尋ねると進んで話してくれる。メディアは政治と交渉ばかり伝えるが、私は結果を受け入れるしかない市民を撮り、その声を記録したかった。

私はポーランド人として、イギリスのEU残留を望んでいる。どんなに欠点があっても、それが最善の道だろう。多くの戦争の惨禍をもたらした自国中心主義に対抗して、EUは統合と協調、人類の価値を体現している。離脱の問題点は、経済的・社会的なものではない。それらも確かに深刻だが、主な損失は、自国中心主義から協調へという誇らしい流れが主要国の離脱によって逆流しかねないことだ。

私は3日間にわたってロンドンのさまざまな地区を回り、撮影と取材を行った。そこにあったのは、とても穏やかで、ごく日常の風景だった。ブレグジットは表舞台よりも、日々の生活を送る人々の心の中にこそ見えるものなのだ。

――ピオトル・マウェツキ(写真家)

magSR190326pp-2.jpg

【ロバート・ハドリー(56)】「初めは経済が落ち込んでも、イギリスはすぐに外国人投資家にとって割安で魅力的な市場になり、景気はずっとよくなる」

magSR190326pp-3.jpg

【ジェニー・マシューズ(70)】写真家。「壁を築く」島国根性を嫌う彼女にとって、イギリス人の偉大さとは「多文化主義を生きる」ことにほかならない

magSR190326pp-4b.jpg

【マルイン(38)】路上生活者。「移民がこの国を支配し、職を奪い、全てがめちゃくちゃだ。ブレグジットはイギリスの再独立になると思う」

magSR190326pp-5.jpg

【ジョルジーナ(22)】ギャラリー勤務。「父は糖尿病でインスリン注射を大量に打っている。輸入が止まれば、あらゆる医薬品が値上がりしそう」

magSR190326pp-6.jpg

【シャロン・ハドリー(54)】無職。2016年の国民投票で「EU残留に投票したのは孫のため」と言う。「彼らが大人になったときに可能性を閉ざしかねない」

【関連記事】ブレグジットの勝者はEU その明るい未来像

ニュース速報

ワールド

中国、米英関係悪化狙いファーウェイ利用=米上院議員

ワールド

EU、ロシアのG7復帰に消極姿勢 枠組みの恒久的変

ワールド

トランプ氏、州兵動員拒否の州知事非難 「NY市はず

ワールド

バイデン氏、トランプ氏のデモ対応批判 「憎しみの炎

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 5

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 イン…

  • 6

    ブラジル、食肉施設で約2400人が新型コロナ感染 南部…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(1…

  • 8

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 9

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 10

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 4

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 5

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!