コラム

これでウィンウィン? 金正恩とトランプの損得勘定

2018年06月13日(水)11時15分
これでウィンウィン? 金正恩とトランプの損得勘定

トランプが得して、オバマが損した? Jonathan Ernst-REUTERS

<米朝の合同声明文は漠然とした内容にとどまり評価が難しいが、トランプ・金正恩双方の現状を考えればどちらも「得した」ことになる>

世界が見守る中、シンガポールで歴史に新たなページが刻み込まれた! しかし、新しく書かれている文字がかなりぼやけていて、読み取るのが困難。米朝の合同声明文は、漠然とした内容にとどまっているし、大統領の記者会見を見ても、はぐらかしている感じがぬぐえない。ということで、どう評価すればいいのか、少し迷っているので、当事者2人に聞くことにしよう!

以下、パックンの勝手なQ&A妄想をお楽しみください。(ストレス解消のために、今回多少ふざけさせていただいていることはご了承ください)

***

   
Q: 金委員長、首脳会談、どう評価しましょうか?

KIM: 最高です!  半年前に「ならず国家」として完全に孤立していた我が国は今、世界からこんなにちやほやされている。「残酷な独裁者」として誰にも相手にしてもらえなかった私も、半年間で韓国の大統領と中国の国家主席と2回ずつ会い、手厚く待遇されている。しかも、米大統領と対等な立場で首脳対談を行い、マンツーマンで話をし、肩を並べて共同宣言の署名式もやってる。核保有国、核武装国のままなのに、「非核化を目指す」と言うだけで完全に一流国家として認められていることになる。まさにウィンウィンじゃないか!

Q: ウィンウィンは双方が得するってことですが......?

KIM: そうだよ。我が国も私自身も得しているではないか! ウィンウィン! 「ならず国家」から「スーパーパワーと対等な国」に、「リトルロケットマン」かられっきとした国家元首にと、国際社会においての評価も地位も今回の首脳会談で跳ね上がっている!

Q: そうですね。では、トランプ大統領にお聞きしたいのですが、北朝鮮や金正恩は2重に得しているとおっしゃっていますが、そちらはどうお考えでしょうか?

TRUMP: もちろん、こっちもウィンウィンだ。俺も得するし、オバマも損する!

Q: それをウィンウィンと言うんでしょうか?

TRUMP: 当然! 俺が歴史的な首脳会談を行い、非核化の約束を引き出した。オバマができなかったことをこの俺がやったぜ。

Q: でも、北朝鮮が求めていたことにすべて応えていますね。人権問題に触れなかったし、終戦へ進みながら金体制の保証を約束した。米朝首脳会談自体も、どれも北朝鮮が長年要求してきたものです。

TRUMP: もちろん! 相手のニーズに答えないと交渉は成立しないだろう?!

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 3

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 4

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 5

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 9

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 10

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!