コラム

これでウィンウィン? 金正恩とトランプの損得勘定

2018年06月13日(水)11時15分
これでウィンウィン? 金正恩とトランプの損得勘定

トランプが得して、オバマが損した? Jonathan Ernst-REUTERS

<米朝の合同声明文は漠然とした内容にとどまり評価が難しいが、トランプ・金正恩双方の現状を考えればどちらも「得した」ことになる>

世界が見守る中、シンガポールで歴史に新たなページが刻み込まれた! しかし、新しく書かれている文字がかなりぼやけていて、読み取るのが困難。米朝の合同声明文は、漠然とした内容にとどまっているし、大統領の記者会見を見ても、はぐらかしている感じがぬぐえない。ということで、どう評価すればいいのか、少し迷っているので、当事者2人に聞くことにしよう!

以下、パックンの勝手なQ&A妄想をお楽しみください。(ストレス解消のために、今回多少ふざけさせていただいていることはご了承ください)

***

   
Q: 金委員長、首脳会談、どう評価しましょうか?

KIM: 最高です!  半年前に「ならず国家」として完全に孤立していた我が国は今、世界からこんなにちやほやされている。「残酷な独裁者」として誰にも相手にしてもらえなかった私も、半年間で韓国の大統領と中国の国家主席と2回ずつ会い、手厚く待遇されている。しかも、米大統領と対等な立場で首脳対談を行い、マンツーマンで話をし、肩を並べて共同宣言の署名式もやってる。核保有国、核武装国のままなのに、「非核化を目指す」と言うだけで完全に一流国家として認められていることになる。まさにウィンウィンじゃないか!

Q: ウィンウィンは双方が得するってことですが......?

KIM: そうだよ。我が国も私自身も得しているではないか! ウィンウィン! 「ならず国家」から「スーパーパワーと対等な国」に、「リトルロケットマン」かられっきとした国家元首にと、国際社会においての評価も地位も今回の首脳会談で跳ね上がっている!

Q: そうですね。では、トランプ大統領にお聞きしたいのですが、北朝鮮や金正恩は2重に得しているとおっしゃっていますが、そちらはどうお考えでしょうか?

TRUMP: もちろん、こっちもウィンウィンだ。俺も得するし、オバマも損する!

Q: それをウィンウィンと言うんでしょうか?

TRUMP: 当然! 俺が歴史的な首脳会談を行い、非核化の約束を引き出した。オバマができなかったことをこの俺がやったぜ。

Q: でも、北朝鮮が求めていたことにすべて応えていますね。人権問題に触れなかったし、終戦へ進みながら金体制の保証を約束した。米朝首脳会談自体も、どれも北朝鮮が長年要求してきたものです。

TRUMP: もちろん! 相手のニーズに答えないと交渉は成立しないだろう?!

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

ニュース速報

ビジネス

長期金利の変動幅拡大、必要とは考えず 低位安定が重

ワールド

焦点:EV向け資源開発に自然破壊の懸念、温暖化対策

ワールド

中国2021年国防費は6.8%増の1.35兆元、伸

ビジネス

グラスルイス、東芝株主総会の独立調査求めるエフィッ

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 3

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 4

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 5

    26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシ…

  • 6

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 7

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 8

    入院中の英フィリップ殿下、「容体は若干改善」=カミラ…

  • 9

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 5

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 6

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 10

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!