コラム

ドキュメンタリーの名匠が描くイラク、シリア、クルディスタンの国境『国境の夜想曲』

2022年02月10日(木)16時30分

では、本作でロージはどのような環を描いているのか。筆者がまず注目したいのは、母親がISISに連れ去られた娘からの音声メッセージを聞く場面だ。他の人物たちは、それがかつての刑務所であれ精神病院であれ、少なくとも彼らがどこにいるのかわかるが、彼女だけは暗闇のなかにいる。爆撃で崩れた建物が並ぶ町の光景と暗闇の彼女が交互に映し出されるので、その町のどこかにいるとも考えられるが、明らかに他の人物とは撮り方が違う。

プレスにはそのことについて何の説明もなかったので、ネットで調べてみると、複雑な事情があることがわかった。

ロージは旅の初期にイラクで、ISISに拉致された女性の夫と出会い、彼女の音声メッセージが残るスマホを見せられた。ただ彼は安全上の理由で自身が映画に出ることを望まなかった。その後、ロージはイラクに戻るたびに彼に会ったが、状況は変わらなかった。だが3年後、最後に会ったときに彼から、女性の母親が国を離れて、ドイツのシュトゥットガルトで暮らしていることを教えられた。ロージはその母親と連絡をとり、スマホを預かって彼女のアパートを訪ねた。そして彼女が語る胸が張り裂けそうな話に何時間も耳を傾けたあとで、アパートの寝室でこの場面を撮影したという。

沈黙によって物語が語られる

そんな事情を踏まえてみると、ロージが求める物語がどのようなものであるのかがよくわかる。彼は広い国境地帯に環を描いていくことによってそこにたどり着いた。その映像も環の一部なので、場所がドイツであることは重要ではない。映像のなかの母親は一言も発せず、ただ静かに涙を流す。

この場面も含め、本作ではしばしば沈黙によって物語が語られる。なかでもふたりの人物の沈黙は特に強い印象を残す。

バイクで湿地にやって来たハンターは、夜の湿地をボートで移動しながらデコイを浮かべていく。遠くにある油田の炎が空を赤く染め、どこか離れた場所で行われている激しい戦闘の銃声が響いてくるが、彼は鴨がおびき寄せられるのをじっと待ちつづける。そこには、鮮やかな映像で日常と非日常が隣り合わせにある世界が、見事に集約されている。

そしてもうひとりは、不在の父親に代わって家族を支える少年だ。彼は網で魚を捕り、銃で鳥を仕留め、草原にやって来るハンターたちのガイドをして小銭を稼ぐ。ロージは彼と家族に密着し、食事など日常までとらえているが、少年が言葉を発するのはハンターと交渉する一瞬だけで、徹底して彼の表情に焦点を合わせている。そこには、不確かな未来と向き合う複雑な感情を見ることができる。

ロージは、政治や歴史に縛られることなく、出会った人と人を結ぶ環を描き、分断された国境地帯に独自の空間を切り拓く。「国境という認識を無効にする」という発想は必ずしも珍しいものではないが、ロージでなければこのようにひとつの世界にまとめ上げることはできなかっただろう。

《参照/引用記事》●Three Years on the Borders Between Iraq, Kurdistan, Syria and Lebanon: A director's thoughts by Gianfranco Rosi | Cartography

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロシアの制裁逃れ対策強化を、米財務長官が欧州の銀行

ビジネス

中国の若年失業率、4月は14.7%に低下

ワールド

タイ新財務相、中銀との緊張緩和のチャンス 元財務相

ワールド

豪政府のガス開発戦略、業界団体が歓迎 国内供給不足
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 4

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 5

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 6

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 7

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 8

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 9

    服着てる? ブルックス・ネイダーの「ほぼ丸見え」ネ…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 5

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 9

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story