コラム

韓国の宿主とパラサイトを生む格差社会 『パラサイト 半地下の家族』

2019年12月26日(木)15時30分

カンヌ国際映画祭パルムドールに輝いた『パラサイト 半地下の家族』(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

<カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いたポン・ジュノ監督の新作は、この監督ならではの洞察で韓国の格差社会が描かれる ......>

カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いたポン・ジュノ監督の新作『パラサイト 半地下の家族』では、韓国の格差社会がこの監督ならではの洞察、発想、演出、ヴィジュアル、ストーリーテリングを駆使して描き出される。

半地下住宅の全員失業中の一家と高台の豪邸のIT企業社長

主人公は、むさ苦しい"半地下住宅"に暮らすキム一家だ。事業で失敗を繰り返してきた父親ギテク、元ハンマー投げ選手の母親チュンスク、大学受験に失敗し続けている息子ギウ、美大を目指してはいるが、予備校に通う余裕もない娘ギジョン。彼らは全員失業中で、業務用のピザ箱を組み立てる内職で糊口をしのいでいる。

半地下は人が生活するのに適した環境ではない。水圧が低いためトイレが異様に高い位置に設置されている。窓が地面の真上にあるため、あまり日が射さず、湿気がこもる。窓を開けていれば、路上に散布される消毒剤が入ってくる。泥酔した通行人に迷惑をかけられる恐れもある。

だがある日、転機が訪れる。ギウの友人のエリート大学生が留学することになり、ギウが彼に代わって女子高生の家庭教師を務めることになる。ギウは、器用な妹が偽造した大学在学証明書を手に、女子高生の家に向かう。そこはIT企業の社長パク・ドンイクが妻子と暮らす高台の豪邸だった。

パク一家の母親と娘の信頼を得たギウは、母親や家政婦が落ち着きのない末っ子に手を焼いていることを知り、知人の家庭教師を紹介する。そして今度はギウの妹が身分を偽って豪邸に現われ、末っ子を手なずけていく。

監督の要望もあり、ストーリーに触れられるのはここまでだが、前半については「パラサイト(寄生虫)」というタイトルからある程度、想像できるだろう。だがその後には、予想だにしない展開が待ち受け、ドラマはジャンルを縦断するように加速していく。

ポン・ジュノ監督は韓国社会の変化をどのようにとらえてきたのか

そこでここでは、内容に踏み込む代わりに、これまでポン・ジュノが韓国社会の変化をどのようにとらえてきたのかを振り返ってみたい。彼の代表作である『殺人の追憶』(03)については、以前に『1987、ある闘いの真実』を取り上げたときに少し触れた。この映画では、80年代後半にソウル近郊の農村で起きた未解決連続殺人事件という題材とその背景となる軍事政権や北の脅威、民主化運動、工業化などが緻密に結びつけられ、とてつもなく深い闇として表現されていた。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

G7声明、日本の主張も踏まえ為替のコミット再確認=

ビジネス

訂正(発表者側の申し出・17日配信の記事)-トヨタ

ビジネス

UBS、新たな人員削減計画 クレディ・スイス統合で

ビジネス

G7財務相、イラン制裁やロシア凍結資産の活用で協力
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画って必要なの?

  • 3

    【画像】【動画】ヨルダン王室が人類を救う? 慈悲深くも「勇ましい」空軍のサルマ王女

  • 4

    パリ五輪は、オリンピックの歴史上最悪の悲劇「1972…

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 9

    対イラン報復、イスラエルに3つの選択肢──核施設攻撃…

  • 10

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story