コラム

猟奇殺人事件の闇に引き込まれていく男を描く中国映画『迫り来る嵐』

2018年12月27日(木)14時10分
猟奇殺人事件の闇に引き込まれていく男を描く中国映画『迫り来る嵐』

本格中国サスペンス映画 『迫り来る嵐』 (C)2017 Century Fortune Pictures Corporation Limited

<第30回東京国際映画祭で最優秀男優賞と最優秀芸術貢献賞を受賞した中国サスペンス>

中国の新鋭ドン・ユエ監督の長編デビュー作『迫り来る嵐』では、猟奇的な連続殺人事件の深い闇に引き込まれていく男がたどる残酷な運命が描き出される。

変化する社会や価値観、歴史のうねりを描き出す

1997年。中国の小さな町の古い国営製鋼所で保安部の警備員をしているユィ・グオウェイは、近所で起きている若い女性の連続殺人事件の捜査に首を突っ込み始める。彼は、親交がある警部から情報を入手し、保安部の部下リウを助手にして、探偵気取りで手がかりを追い求める。

だが、このコンビが怪しい人物を追跡した際に、リウが事故に遭い、それが原因で命を落としたことから、ユィはさらに事件にのめり込む。そして、自分の恋人イェンズが事件の犠牲者に似ていることに気づいた彼がとった行動によって、事態は思わぬ方向に展開していく。

本作は、『殺人の追憶』や『薄氷の殺人』に通じる重厚なサスペンスだが、筆者が真っ先に思い浮かべたのは、ジャ・ジャンクーの作品群だ。彼は、体制に従い、あるいは依存する人々の「集団」から「個」を炙り出し、その複雑な立場や心情を掘り下げることによって、改革開放政策以後の中国社会の変化を浮き彫りにしてきた。本作にもそんな視点がしっかりと埋め込まれている。

ジャの作品群のなかでも、『四川のうた』(08)と本作の繋がりはわかりやすいし、参考になるはずだ。ジャが『四川のうた』を作るきっかけは、50年にわたって栄えた巨大国営工場「420工場」が、2007年にその歴史に幕を下ろし、商業施設に建て替えられる計画を知ったことだ。そこで彼は、工場で働いた労働者たちに光をあて、ドキュメンタリーにフィクションを織り交ぜ、集団から個を炙り出し、変化する社会や価値観、歴史のうねりを描き出した。

体制に翻弄される個人が、現実と幻想の狭間で揺れる

本作は、服役していた主人公ユィが2008年に出所するところから始まり、1997年へと遡り、終盤で再び2008年に戻る。サスペンスとして見れば、この構成によって、ユィが服役することになった事情が明らかにされ、さらに終盤で残された謎が解き明かされるという流れが生まれる。

しかし、この構成には、サスペンスとは異なる流れも意識されている。1997年の物語の冒頭では、それが特別な意味を持っているかのように、バイクの故障で立ち往生するユィの背後に巨大な工場が浮かび上がる。そして、終盤で町に戻ってきた彼は、60年近い歴史を持つその工場が近日中に爆破され、跡地には市内最大の商業施設と住宅が建設される予定だというニュースを耳にする。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理想と現実の大きなギャップ

  • 2

    生涯未婚率は職業によってこんなに違う

  • 3

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工場」――元監視員が激白

  • 4

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    米富裕層から大統領候補へ「私たちに課税して下さい」

  • 9

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!