コラム

ナチスの戦犯アイヒマンを裁く「世紀の裁判」TV放映の裏側

2016年04月14日(木)15時50分
ナチスの戦犯アイヒマンを裁く「世紀の裁判」TV放映の裏側

『アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち』強制収容所解放70周年を記念して制作された。

 2000年に日本でも公開されたイスラエル出身のエイアル・シヴァン監督の『スペシャリスト 自覚なき殺戮者』(99)は、1961年にエルサレムで行われたナチス戦犯アドルフ・アイヒマンの裁判を記録した膨大な映像を、哲学者ハンナ・アーレントの著作『イェルサレムのアイヒマン 悪の陳腐さについての報告』を踏まえ、独自の視点で編集したドキュメンタリーだった。

 ユダヤ人を死の収容所へ移送する作業で中心的な役割を果たしたアイヒマンは、1960年に逃亡先のアルゼンチンからイスラエル諜報機関によって連行され、翌年、裁判にかけられた。シヴァン監督は1991年に、テレビ放送のためにこの裁判を撮影したビデオが存在することを知り、それを見つけ出した。500時間にのぼる映像の三分の一は劣化し、使いものにならなくなっていたが、彼は残りの素材をもとにこのドキュメンタリーを作り上げた。

歴史的TVイベントを成功させたテレビマンたち

 実話に基づくポール・アンドリュー・ウィリアムズ監督『アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち』では、この埋もれた裁判の記録がどのように生み出されたのかが明らかにされる。ナチスがユダヤ人になにをしたのかを、テレビを使って世界に伝えようと考えたのは、35歳のアメリカ人プロデューサー、ミルトン・フルックマンだった。彼はイスラエル政府と交渉して裁判の放映権を獲得し、監督としてマッカーシズムで職を奪われていたドキュメンタリー製作者レオ・フルヴィッツを指名する。映画では、このふたりを中心に、様々な困難を乗り越えて裁判放送を実現していく制作チームの姿が描き出される。

 これは当時としては画期的な試みだった。イスラエルにはまだテレビ放送が存在していなかった。だから大半の国民はラジオに聞き入る。フルックマンは世界に映像を送るために、ヨーロッパからテレビカメラやその他の機材を取り寄せたという。また、フルックマンと組んだイスラエル政府の思惑も頭に入れておく必要があるだろう。トム・セゲフ『七番目の百万人――イスラエル人とホロコースト』には、時の首相ベン=グリオンの考えが以下のように綴られている。


 「アイヒマン裁判に関して、ベン=グリオンには目的が二つあった。一つは、ホロコーストを前面に押し出すことによって、世界の国々に地球上に唯一つだけのユダヤ人国を支持する義務を印象付けること、もう一つは、イスラエル国民、とりわけ若い世代に、ホロコーストの教訓、つまり自衛しないと絶滅するという教訓を教え込むことだった」

 そんな政治的な狙いは、皮肉なドラマも生み出す。4月11日から始まった裁判で、ハウスナー検事長は冒頭陳述に三日も費やした。彼は冒頭陳述を、ホロコーストに対するイスラエルの公式態度の宣言のようなものにしようとした。その間に、12日にはガガーリンが世界初の有人宇宙飛行に成功し、15日にはキューバでピッグス湾事件が起こり、裁判に対する世界の関心が低下していく。このTVイベントを請け負ったフルックマンは立場を失いかけるが、112人に及ぶ証人がホロコースト体験を生々しく語り出すと、世界が裁判に釘付けになる。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 3

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へ…

  • 6

    【特別寄稿】TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒ…

  • 7

    「幸せな結婚生活」の科学 研究者夫妻が導き出した…

  • 8

    学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格…

  • 9

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 10

    イランも臨戦態勢に──戦争を避ける最後のチャンス

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    トランプの言うことは正しい

  • 5

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

  • 8

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 9

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 10

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!