コラム

東京オリンピックはやったらよい しかし聖火リレーも開会式も要らない

2021年05月10日(月)13時41分
国立競技場で行われた陸上の五輪テスト大会

全力の競技、これさえあればいい(写真は9日、国立競技場で行われた陸上の五輪テスト大会)  Issei Kato-REUTERS

<競技と関係のない利益のための行事をやめれば、コロナ禍でも本来の意味ある五輪ができる>

東京オリンピックの開催に反対しない。むしろ、やるべきだと思う。

感染状況次第だが、物事の優先順位がまったく間違っている。

オリンピックは競技者のためのものだ。

彼らを見世物にして暴利をむさぼっているIOCが諸悪の根源であり、IOCが主催するオリンピックはすべて廃止にするべきだと思うし、ソルトレイクシティの賄賂スキャンダルでそうなることが決まったと思ったのだが、なぜか人々はそれをすべて忘れている。

ただし、今は、それは別の議論であり、東京オリンピックは競技者のためにやったらよい。一方、競技と無関係なものはすべてやめればよい。

聖火リレーは要らない。開会式も閉会式も要らない。選手だけだとしても、多くの競技者が集まること、そして競技と無関係なことをあえてやって、リスクをとることはない。各競技場で各競技をやったらよい。

競技と競技者さえあれば

なにか始まりの合図が必要なら、バッハでも都知事でも選手代表でも、誰でもいいが、開会の宣誓あるいは演説をネット中継すれば十分だ。

もちろん、無観客で良い。テレビ中継もやめれば、中継スタッフも要らない。それではカネにならない? カネのためにやっているからそうなる。運営できない、というが、これまでの暴利があるのだから、コロナの今回は赤字で構わない。それを東京と日本が負担することになっているようだが、それは国際世論で議論して、IOCも負担することを申し出るように仕向ければよい。

どうしてもやりたければ、テレビだけ限定的にやればよい。

あとは淡々と競技だけやればよい。

しかし、彼らは、IOC優先、収入優先、イベント優先だ。

だから、おかしいと思う人が出てくる。

オリンピックは何のためにやるのか。世界選手権を多くの競技で一緒にやるだけのことだ。

だから、競技と競技者のためだけにある。観客も応援もテレビですらも要らない。

それだけのことだ。

それらがないとオリンピックをやる意味がない、と思っている人たちが主催者だからおかしなことになる。

彼らは、競技のためではなく、競技者を見世物として利用し、カネと権力のためにやっているのだ。

それが今回のコロナで、再度、明らかになっただけのことだ。

*この記事は「小幡績PhDの行動ファイナンス投資日記」からの転載です

プロフィール

小幡 績

1967年千葉県生まれ。
1992年東京大学経済学部首席卒業、大蔵省(現財務省)入省。1999大蔵省退職。2001年ハーバード大学で経済学博士(Ph.D.)を取得。帰国後、一橋経済研究所専任講師を経て、2003年より慶應大学大学院経営管理研究学科(慶應ビジネススクール)准教授。専門は行動ファイナンスとコーポレートガバナンス。新著に『アフターバブル: 近代資本主義は延命できるか』。他に『成長戦略のまやかし』『円高・デフレが日本経済を救う』など。

ニュース速報

ビジネス

流動性引き締めの「憶測」に警告、中国人民銀行系の金

ワールド

ブラジルのコロナ死者が50万人突破、さらなる悪化も

ワールド

オーストラリア、中国をWTOに提訴へ ワイン制裁関

ワールド

台湾代表部の職員7人が香港離れる、「1つの中国」に

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 4

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 5

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 10

    ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 8

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 9

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中