コラム

緊急経済対策で医療崩壊が深刻化する

2020年04月07日(火)19時15分
緊急経済対策で医療崩壊が深刻化する

安倍は「リーマン・ショック時を上回るかつてない規模の対策を行っていきたい」と言った (4月1日、参議院予算委員会) Issei Kato-REUTERS

<この大き過ぎて的外れの緊急経済対策は日本を窮地に陥れるだろう>

緊急経済対策で医療崩壊が深刻化する

最悪だ。

緊急事態宣言に合わせて、緊急経済対策が発表される。事業規模108兆円、財政支出39兆円という前代未聞の規模だ。

米国の2兆ドルに比べて小さいとか、けちけちしているとかいうあまりに的外れな批判が野党やネットで飛び交うが、この経済対策は大きすぎて、日本を窮地に追い込むこととなるだろう。

安倍首相が、世界各国と比較しても遜色ない規模だ、と主張しているが、それどころか、圧倒的に世界最大だ。米国は大企業への支援を含んで2兆ドルである。日本はANAなど航空業界への債務保証などは含んでいないはずだ。一部のインテリとネット民が賞賛するフリーランスにも休業補償をするイギリスの経済対策の規模はたった4兆円だ。

その米国は感染者数は世界一で30万人を超え、死者数も1万人を超えようとしている。日本の100倍だ。イギリスはすでに5000人近い。

コロナによる死者は世界最小水準、被害が最も少ない国が、世界最大の経済対策をしようとしている。

なんと愚かなことか。

日本のコロナ対策は世界一だった

いまさら緊急事態宣言をして、ロックダウンはしないといいつつも、そう念を押すということはロックダウンに近い行動をとる人々がいる可能性が高いからで、疎開による感染者拡大、しかも、東京に比べれば圧倒的に医療施設がすぐに不足してしまう地方に拡散してしまうリスクもある。

社会活動をゼロにすれば感染の拡大を抑えるのに一定の効果はもちろんある。しかし、ニューヨークでもイタリアでも、即効性はなく、時間がかかり、今後も死亡者数の増加数の水準は低下していくだろうが、終息には遠い。いずれにせよ長期戦だ。ロックダウンしてすら、その効果は大きいとはいえない。これまでの自粛で日本は一定の効果を上げてきた。医療崩壊を防ぐために全力を挙げ、経済封鎖はしないということとの比較はなされていない。すべてはバランスだ。社会、経済を殺すか、すべてを犠牲にしても感染をほんの僅かでも少なくするか。

今必要なのは、医療崩壊を防ぐことであり、それには医療関係者、設備、備品の動員が必要である。緊急事態宣言があればやりやすい面はあるが、なしでもできる。そして、緊急事態宣言をしたために、休業手当を労働法制的には企業が負担する義務がないという解釈も成り立ち、それで政府が大盤振る舞いをする必要が出てくる。

自滅だ。

新型コロナの死亡者が少なく、うまくこれまでやってきた国が、欧米の失敗例をことさらに強調して、次は東京だと脅されて、万が一のために万全の備えと称して、費用対効果の非常に悪い緊急事態宣言、ロックダウンではないが、それに近い経済封鎖を行う。そして、経済をわざわざ自ら縮小させて、それを補うために、国の金をばら撒く。知事の懐は痛まないが、将来の国民の金は失われる。

<参考記事>日本が新型肺炎に強かった理由

プロフィール

小幡 績

1967年千葉県生まれ。
1992年東京大学経済学部首席卒業、大蔵省(現財務省)入省。1999大蔵省退職。2001年ハーバード大学で経済学博士(Ph.D.)を取得。帰国後、一橋経済研究所専任講師を経て、2003年より慶應大学大学院経営管理研究学科(慶應ビジネススクール)准教授。専門は行動ファイナンスとコーポレートガバナンス。著書に『成長戦略のまやかし』『円高・デフレが日本経済を救う』など。

ニュース速報

ワールド

米国の目的はティックトックの禁止=バイトダンス創業

ワールド

中国の上期の米国産エネルギー輸入、目標の5%どまり

ワールド

帰省に関する考え方、菅長官と西村大臣に齟齬ない=安

ワールド

アルゼンチン、650億ドルの債務再編交渉で債権団と

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み込んだ自動拳銃「白頭山」

  • 3

    米国の新型コロナ感染、異常に拡大し新段階に=トランプ政権コロナ対策顧問

  • 4

    トランプのツイッターで急浮上 米大統領選「悪夢の…

  • 5

    『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』は何の本…

  • 6

    全米各地のコロナウイルス検査に滞り 「高度な自動化…

  • 7

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 8

    韓国・植物園の「客寄せ」だった土下座像が象徴する…

  • 9

    欧州各国で感染が急増するなか、「集団免疫戦略」の…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 3

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に

  • 4

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 5

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 6

    次期WTO事務局長選、韓国は日本に支持を呼びかけた..…

  • 7

    新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる

  • 8

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 9

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 10

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!