コラム

日銀金融政策 次の一手

2018年01月24日(水)12時38分

1月23日、黒田東彦日銀総裁は出口観測を否定したが、市場からは催促が Kim Kyung-Hoon-REUTERS

いよいよ出口戦略開始だ。

黒田総裁は会見で出口の議論は時期尚早と従来からの説明を繰り返したが、市場やメディアが出口議論を催促するとは世の中とは意外と正しく変化するものだ。

間違っているのは政治だけで、日銀内部ももちろん出口へ向かう議論をしているはずだ。

総裁人事で黒田再任となり、国会承認も得られ、4月に次の任期が始まれば、いよいよ出口開始だ。

****

まず、何からやるか。

普通に考えれば、次々追加の手段を繰り出したのだから、逆に最後に追加したものから一つずつ外していくのが自然。となると、まず長期金利コントロール、正式にはイールドカーブコントロール、これをまず外し、次にマイナス金利を外し、その後、ETFを6兆円から3兆円、80兆を目途という長期国債を60兆へ、戻していく、ということになる。

しかし、米国FEDの手順を見ても、金利がゼロになってから量的緩和(正式にはバランスシートポリシー)となったのだから、これをまずやめ(いわゆるテイパリング)、追加買い入れを停止し、その後、バランスを縮小し、最後に金利をゼロから上げていくことになるはずだが、実際には逆で、金利を先にあげた。

これは市場に与える影響が小さいものからゆっくりやっていく、あるいは市場にとって必要なものからやっていく、ということで、金利のゼロが低すぎるのでまず解消ということだった。

日本はどうか。

「異次元」緩和の出口は難しい

日本の難しいところは、世界でもっともイノベイティブな中央銀行であり、その創造的な手段は異次元だ。

長短金利操作というのは、一旦はじめたらやめにくい、不可逆的な政策手段の変更だった。

つまり、今日、黒田総裁も答弁していたのだが(実はここが今日の記者会見でもっとも重要なところだった)、もはや目標は量ではなく長短金利(イールドカーブ)なのだから、国債買い入れ額が年間で80兆を下回る60兆でも何の問題もない、80兆というのも厳密な目標ではなく目途に過ぎないからね、と答えた。

すなわち、量の目標は捨てたので、そして量を目標にする、というのは異常なことなので、むしろ長期金利を目標にするのは世界中央銀行史上初とはいえ、理論的には、金利こそが実体経済に影響を与え、国債の買い入れ量はバーナンキも発言したように、なぜ金融政策として効果があるのか理論的にはわからないのだ。

実際、私の個人的予想としては、長期金利目標を外すと市場は大混乱し、乱高下となるだろう。そうであれば、長期の目標金利をゼロ程度から0.1%とか0.2%などへ上げ、量に関しては目途であるから80兆はそのままにあいまいにしておくほうが金融市場のかく乱は小さく、もっと重要なことに、実体経済への影響も小さいだろう。

プロフィール

小幡 績

1967年千葉県生まれ。
1992年東京大学経済学部首席卒業、大蔵省(現財務省)入省。1999大蔵省退職。2001年ハーバード大学で経済学博士(Ph.D.)を取得。帰国後、一橋経済研究所専任講師を経て、2003年より慶應大学大学院経営管理研究学科(慶應ビジネススクール)准教授。専門は行動ファイナンスとコーポレートガバナンス。新著に『アフターバブル: 近代資本主義は延命できるか』。他に『成長戦略のまやかし』『円高・デフレが日本経済を救う』など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

焦点:アフリカで深刻化する「生理の貧困」、学校諦め

ビジネス

米規制当局、バークシャーのオキシデンタル株最大50

ワールド

ウクライナ軍、遠方からロシア軍攻撃 前線から離れた

ビジネス

NY外為市場=ドル指数5週間ぶり高値、米利上げ予想

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を着こなすジア

  • 3

    【映像】素手でサメを引きずる男性

  • 4

    【動画】中国軍の最強戦闘機「殲20マイティドラゴン」

  • 5

    石を使って自慰行為をするサルが観察される

  • 6

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 7

    【映像】バルセロナのビーチの魅力を語る観光客の後…

  • 8

    【動画】ノリノリで踊るマリン首相の映像と、各国政…

  • 9

    台湾が誇示した最新鋭戦闘機「F16V」と中国最強の「…

  • 10

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 4

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を…

  • 5

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 6

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    【動画】ノリノリで踊るマリン首相の映像と、各国政…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 8

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中