最新記事

シリーズ日本再発見

品川2分・夜10時――東京一便利な都市型エンタメ水族館

2016年11月30日(水)13時12分
長嶺超輝(ライター)
品川2分・夜10時――東京一便利な都市型エンタメ水族館

提供:アクアパーク品川(すべて)

<日本は「世界一の水族館大国」。東京には、品川駅から徒歩2分の好立地で、夜10時まで開いており、コンパクトで程よいサイズなのにイルカパフォーマンスも「世界初の水槽」もあるという、最先端の水族館がある> (上写真:イルカのしなやかな躍動感と、きらびやかな映像美。水と光と音が絶妙なハーモニーを織りなす「ザ スタジアム」の夜のイルカパフォーマンス)

【シリーズ】家族で楽しむTOKYOナイトスポット

 日本には、日本動物園水族館協会に所属するものだけでも62館、小規模な施設や複合的な施設も含めれば100館以上の水族館があり、人口あたりの館数で「世界一の水族館大国」といわれている。

 もしも東京に家族旅行に行くなら、ぜひとも水族館をスケジュールに組み入れるべきだ。なかでもお勧めしたいのは「アクアパーク品川」である。

 東海道新幹線の主要駅であり、羽田空港からも電車一本で繋がる"東京の玄関口"である品川。その品川駅から、徒歩わずか2分ほどとアクセスは抜群だ。そのうえ夜10時までと東京に5館以上ある水族館のなかで最も遅くまで開館しており、広すぎず、程よいサイズの施設であるため、丸一日を費やす必要もない。

 帰りの電車や飛行機までの待ち時間、あるいは夕食後の時間帯に気軽に立ち寄ることができると、国内外の観光客に人気の都市型エンターテインメント水族館なのだ。

 この水族館は、2005年に「品川アクアスタジアム」として開設され、10周年の節目で大幅なリニューアルが進められたのを機に、昨年夏、改称された。「国内外からの観光客をますます多く迎え入れるにあたって、今後の発展性を見据えての改装という意味合いもある」と、広報の山田亜希子氏は話す。

 品川プリンスホテルに併設された、地上2階の施設。コンパクトな作りの中に、最先端のテクノロジーを駆使した娯楽性がぎっしりと詰め込まれている。

 品川アクアスタジアム時代には、都心の屋内施設にあるとは思えない迫力と規模のスイング系ライドである「ポート・オブ・パイレーツ」や、海洋をモチーフにしたメリーゴーラウンドの「ドルフィンパーティー」など、4つの体験型アトラクションが1階に集結していた。しかし、1階の生物展示を大幅に増やすため、リニューアルでは人気の2大アトラクションを残して、全面的に改装したという(生物の展示数は、館全体で約230種から約350種に増加)。

【参考記事】温泉だけでなく、温泉地の「すべて」が詰まったテーマパーク

世界初のタッチパネル式水槽と独特のクラゲ展示

 では館内に入ってみよう。「ポート・オブ・パイレーツ」や「ドルフィンパーティー」を繋いで、1階フロアの主要な導線の役割を果たしているのが「マジカルグラウンド」と名付けられたエリア。

 季節にちなんだイメージの水棲生物が展示されているが、それだけではない。生花やアートワーク、プロジェクションマッピングが高度に融合された、新感覚のアクアリウムとなっている。

japan161130-2.jpg

タッチパネル式水槽に次々と映し出される情報に触れながら、その向こう側を泳ぐ生き物たちと親しむことができる

 ここに常設展示されているのが、世界初の「タッチパネル式水槽」だ。水槽のガラス面に触れると、展示生物にちなんだ映像や解説が全面にデジタル表示される。子供でも簡単に操作でき、直感的に情報を引き出すことができるので、生き物のことを楽しく学ぶことができそうだ。

【参考記事】子連れでも楽しい、東京で一番の夜景展望台へ!

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 2

    日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語』著者が斬る30年間の変遷

  • 3

    なぜトランプは平気で「ウソ」をつけるか──ヒトラーとの対比から

  • 4

    トランプ大統領の大相撲観戦に前代未聞の備え

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    ポンペオの「Huaweiは嘘つき」発言を検証する

  • 7

    男性にもタイムリミット──35歳までに精子を凍結すべ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    感染広がる反ワクチン運動から子供を守れ(パックン)

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 3

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 6

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に…

  • 7

    日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 10

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 7

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 8

    金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

  • 9

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

  • 10

    新天皇を迎える韓国

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!