最新記事

シリーズ日本再発見

品川2分・夜10時――東京一便利な都市型エンタメ水族館

2016年11月30日(水)13時12分
長嶺超輝(ライター)
品川2分・夜10時――東京一便利な都市型エンタメ水族館

提供:アクアパーク品川(すべて)

<日本は「世界一の水族館大国」。東京には、品川駅から徒歩2分の好立地で、夜10時まで開いており、コンパクトで程よいサイズなのにイルカパフォーマンスも「世界初の水槽」もあるという、最先端の水族館がある> (上写真:イルカのしなやかな躍動感と、きらびやかな映像美。水と光と音が絶妙なハーモニーを織りなす「ザ スタジアム」の夜のイルカパフォーマンス)

【シリーズ】家族で楽しむTOKYOナイトスポット

 日本には、日本動物園水族館協会に所属するものだけでも62館、小規模な施設や複合的な施設も含めれば100館以上の水族館があり、人口あたりの館数で「世界一の水族館大国」といわれている。

 もしも東京に家族旅行に行くなら、ぜひとも水族館をスケジュールに組み入れるべきだ。なかでもお勧めしたいのは「アクアパーク品川」である。

 東海道新幹線の主要駅であり、羽田空港からも電車一本で繋がる"東京の玄関口"である品川。その品川駅から、徒歩わずか2分ほどとアクセスは抜群だ。そのうえ夜10時までと東京に5館以上ある水族館のなかで最も遅くまで開館しており、広すぎず、程よいサイズの施設であるため、丸一日を費やす必要もない。

 帰りの電車や飛行機までの待ち時間、あるいは夕食後の時間帯に気軽に立ち寄ることができると、国内外の観光客に人気の都市型エンターテインメント水族館なのだ。

 この水族館は、2005年に「品川アクアスタジアム」として開設され、10周年の節目で大幅なリニューアルが進められたのを機に、昨年夏、改称された。「国内外からの観光客をますます多く迎え入れるにあたって、今後の発展性を見据えての改装という意味合いもある」と、広報の山田亜希子氏は話す。

 品川プリンスホテルに併設された、地上2階の施設。コンパクトな作りの中に、最先端のテクノロジーを駆使した娯楽性がぎっしりと詰め込まれている。

 品川アクアスタジアム時代には、都心の屋内施設にあるとは思えない迫力と規模のスイング系ライドである「ポート・オブ・パイレーツ」や、海洋をモチーフにしたメリーゴーラウンドの「ドルフィンパーティー」など、4つの体験型アトラクションが1階に集結していた。しかし、1階の生物展示を大幅に増やすため、リニューアルでは人気の2大アトラクションを残して、全面的に改装したという(生物の展示数は、館全体で約230種から約350種に増加)。

【参考記事】温泉だけでなく、温泉地の「すべて」が詰まったテーマパーク

世界初のタッチパネル式水槽と独特のクラゲ展示

 では館内に入ってみよう。「ポート・オブ・パイレーツ」や「ドルフィンパーティー」を繋いで、1階フロアの主要な導線の役割を果たしているのが「マジカルグラウンド」と名付けられたエリア。

 季節にちなんだイメージの水棲生物が展示されているが、それだけではない。生花やアートワーク、プロジェクションマッピングが高度に融合された、新感覚のアクアリウムとなっている。

japan161130-2.jpg

タッチパネル式水槽に次々と映し出される情報に触れながら、その向こう側を泳ぐ生き物たちと親しむことができる

 ここに常設展示されているのが、世界初の「タッチパネル式水槽」だ。水槽のガラス面に触れると、展示生物にちなんだ映像や解説が全面にデジタル表示される。子供でも簡単に操作でき、直感的に情報を引き出すことができるので、生き物のことを楽しく学ぶことができそうだ。

【参考記事】子連れでも楽しい、東京で一番の夜景展望台へ!

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で分かった「死」

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 5

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 6

    故ホーキング博士、遺伝子操作による「超人間」の誕…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    中国で2020年までに「人工の月」を打ち上げる計画が…

  • 9

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 10

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 10

    この虫を見たら要注意!大量発生で農作物や木を枯ら…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 5

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 6

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 7

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 8

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!