最新記事

シリーズ日本再発見

温泉だけでなく、温泉地の「すべて」が詰まったテーマパーク

2016年11月25日(金)15時27分
高野智宏
温泉だけでなく、温泉地の「すべて」が詰まったテーマパーク

提供:大江戸温泉物語(すべて)

<東京中心の観光でも「温泉」をあきらめる必要はない。お台場の大江戸温泉物語は、外国人から「温泉、浴衣、日本食、祭りとすべてを楽しめた」と好評を博する元祖・温泉テーマパーク。日本人の家族連れにもお勧めだ> (上写真:祭りを疑似体験できるところも温泉テーマパークならではで人気の理由)

【シリーズ】家族で楽しむTOKYOナイトスポット

 日本を訪れる外国人観光客が楽しみにしていることは何だろうか。

 観光庁による「訪日外国人の消費動向」平成28年1‐3月期報告書によれば、「訪日前に期待していたこと」(複数回答)の1位は「日本食を食べること」。次いで2位が「ショッピング」、3位が「自然・景勝地観光」、4位が「繁華街の街歩き」で、5位が「温泉入浴」だ。

 ほぼ予想どおりの結果だが、同調査の「次回(の日本観光で)したいこと」(複数回答)という設問では、1位は変わらず「日本食を食べること」であるものの、「温泉入浴」がグンと順位を上げて2位に。「ショッピング」が3位、「自然・景勝地観光」が4位、「四季の体感」が5位と、訪日前後では異なる結果となっている。

 これは、東京などの首都圏を中心に観光スケジュールを組んだ場合、なかなか地方の有名な温泉地に出向く時間がなく、温泉への入浴を断念したからだと推測される。はるばる日本までやって来たのに、楽しみにしていた温泉を体験できなかったのであれば残念なことだ。

 しかし、東京中心の観光であっても、さらには強行軍のスケジュールを組みづらい家族旅行であっても、温泉をゆっくりと楽しむ方法はある。日中は観光を存分に楽しみ、その夜、近場の「温泉施設」を利用するというプランだ。日帰り温泉をはじめ東京都内には多くの温泉施設が存在しており、なかでも家族で楽しめる施設としてお勧めしたいのが、2003年に開業した"温泉テーマパーク"の先駆け、お台場の「大江戸温泉物語」である。

japan161125-2.jpg

「ザ・日本」とでも言えそうな趣のエントランス

 関東ではよく知られた施設だが、日本人であればいつでも地方の温泉地に行けるし、都内近郊には他にスーパー銭湯なども多い。実は大江戸温泉物語には行ったことがない、という人は少なくないかもしれない。

 それではもったいない。当然ながら本格的な温泉であるし、何より温泉に留まらない楽しみが詰まっている。ここはひとつ、外国人たちがこの温泉施設をどう楽しんでいるかを覗き見て、参考にしてみてはどうだろうか。

【参考記事】噂のロボットレストランは家族連れでもイケるらしい

13種類の風呂、16種類の店舗、11種類の夜店

「東京のお台場にありながら、当施設の温泉は地下1400メートルから毎分240リットルが湧出する、褐色の天然ナトリウム塩化物強塩温泉をひいています」と胸を張るのは、管理課広報担当の森田和裕氏。その効能は、神経痛から筋肉痛、冷え性に疲労回復などとされ、なかでも女性客からは美肌に効果的と好評を得ているという。

 また、お台場ならではの3万800平方メートルという広大な敷地に建てられた、宮型作りの趣のある屋舎の内部には、実に13種類(男女含め)もの風呂が用意されている。大屋根と赤富士が描かれた壁画が印象的な大浴場を筆頭に、巨岩により野趣溢れる演出がなされた露天風呂、マイクロバブルが血行を促進する絹の湯、さらには寝湯に足湯、岩盤浴と、心ゆくまで本格的な温泉を楽しむことができる。

japan161125-3.jpg

雰囲気たっぷりの大浴場。中央湯船の湯が地下から汲み上げた天然温泉。入浴マナーも浸透してきたため、最近では「外国人の方が入浴方法でトラブルになることは少なくなった」という

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 2

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 3

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインスタグラムが削除

  • 4

    キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

  • 5

    米沿岸警備隊、西太平洋に巡視船配備へ 中国船の違…

  • 6

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 7

    新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

  • 8

    日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

  • 9

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 10

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 7

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 8

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!