最新記事

シリーズ日本再発見

品川2分・夜10時――東京一便利な都市型エンタメ水族館

2016年11月30日(水)13時12分
長嶺超輝(ライター)

 この1階に新設された「コーラルカフェバー」は、アルコール類やソフトドリンクを提供するバーコーナーだ。アクアパーク品川だけのオリジナルカクテルも充実している。購入したドリンクを持ち歩きながら、テーブル形の水槽を泳いでいる魚たちを眺めるなんて、他ではなかなかできない体験だ(他の展示へも持ち歩きも可能)。

japan161130-3.jpg

悠久の時間を超えて漂流するかのようなクラゲのゆったりとした動きが、都会のせわしなさや喧噪を忘れさせてくれる

 同じく新たに造られた「ジェリーフィッシュランブル」は、クラゲのみが展示されたエリアである。壁と天井に鏡面が敷き詰められ、円筒形の水槽内をたくさんのクラゲが漂う。まるで果ての見えない無限の世界に迷いこんだかのようだ。3分ごとにめまぐるしく入れ替わる音と光の演出の中で、クラゲたちがゆったりマイペースで泳いでおり、"静"と"動"が入り交じる独特の味わいを体感できる。

なんといっても一番人気のイルカパフォーマンス

 エスカレーターで2階へ上がると、ダントツで一番人気のイルカパフォーマンスの専用プールが視界に飛び込んでくる。立ち見を含めて約2000人の観覧客を収容できるこの「ザ スタジアム」のプールでは、天井から中央へ円柱状に降りてくる無数の水滴の"カーテン"が、一連の水上パフォーマンスとの相乗効果を生み出す背景演出となっている。

 このイルカパフォーマンスは、昼と夜で雰囲気が変化する。

 天窓から漏れた陽がプール全体に差し込む昼の部は、明るくカジュアルな雰囲気。観客も手拍子やウェーブでショーに参加し、会場全体で盛り上がる。イルカたちが観客に向けて水しぶきを浴びせる演目もあり、前列で観覧する場合は、雨ガッパなどの着用が必須となる。私も実際に観覧したが、カッパを着た観客めがけて、イルカたちが狙いを定めて水しぶきをかけるものだから、その高い精度に驚いた。

 夜の部では、イルカのトレーナーたちも黒シャツに蝶ネクタイ、スカーフなどでドレスアップして観客を迎える。プール中央を取り囲む水滴のカーテンに向けて、360度の全方位から映像が投射される。つまり、無数の水滴にプロジェクションマッピングが行われるのが、夜のパフォーマンス最大の特徴だ(時季によってプロジェクションマッピングが行われない場合もある)。

 プールの真上に浮かび上がる、色彩鮮やかなプロジェクションマッピング映像と、水面から勢いよく飛び上がるイルカの演技との印象的なコラボレーションで、幻想と現実が交差する不思議な雰囲気を楽しめる。昼の部に比べると「鑑賞」に重きが置かれており、言語や文化を超えた普遍的な感動が空間を包み込む。

 夜8時以降の時間帯に行われる水族館のイルカパフォーマンスは珍しいといい、とっておきの晩のディナーの前後など、フォーマルな服装でも抵抗なく訪れることができそうだ。

【参考記事】噂のロボットレストランは家族連れでもイケるらしい

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    香港対応に見る習近平政権のだらしなさ

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 7

    文在寅が「タマネギ男」の検察改革に固執する理由

  • 8

    文在寅「超側近」チョ・グクの疑惑がここまで韓国人…

  • 9

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 10

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 4

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 5

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」…

  • 6

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 1

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 9

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 10

    女性のお腹で次第に成長するしこりは、双子の片割れ…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!