最新記事

シリーズ日本再発見

品川2分・夜10時――東京一便利な都市型エンタメ水族館

2016年11月30日(水)13時12分
長嶺超輝(ライター)

 この1階に新設された「コーラルカフェバー」は、アルコール類やソフトドリンクを提供するバーコーナーだ。アクアパーク品川だけのオリジナルカクテルも充実している。購入したドリンクを持ち歩きながら、テーブル形の水槽を泳いでいる魚たちを眺めるなんて、他ではなかなかできない体験だ(他の展示へも持ち歩きも可能)。

japan161130-3.jpg

悠久の時間を超えて漂流するかのようなクラゲのゆったりとした動きが、都会のせわしなさや喧噪を忘れさせてくれる

 同じく新たに造られた「ジェリーフィッシュランブル」は、クラゲのみが展示されたエリアである。壁と天井に鏡面が敷き詰められ、円筒形の水槽内をたくさんのクラゲが漂う。まるで果ての見えない無限の世界に迷いこんだかのようだ。3分ごとにめまぐるしく入れ替わる音と光の演出の中で、クラゲたちがゆったりマイペースで泳いでおり、"静"と"動"が入り交じる独特の味わいを体感できる。

なんといっても一番人気のイルカパフォーマンス

 エスカレーターで2階へ上がると、ダントツで一番人気のイルカパフォーマンスの専用プールが視界に飛び込んでくる。立ち見を含めて約2000人の観覧客を収容できるこの「ザ スタジアム」のプールでは、天井から中央へ円柱状に降りてくる無数の水滴の"カーテン"が、一連の水上パフォーマンスとの相乗効果を生み出す背景演出となっている。

 このイルカパフォーマンスは、昼と夜で雰囲気が変化する。

 天窓から漏れた陽がプール全体に差し込む昼の部は、明るくカジュアルな雰囲気。観客も手拍子やウェーブでショーに参加し、会場全体で盛り上がる。イルカたちが観客に向けて水しぶきを浴びせる演目もあり、前列で観覧する場合は、雨ガッパなどの着用が必須となる。私も実際に観覧したが、カッパを着た観客めがけて、イルカたちが狙いを定めて水しぶきをかけるものだから、その高い精度に驚いた。

 夜の部では、イルカのトレーナーたちも黒シャツに蝶ネクタイ、スカーフなどでドレスアップして観客を迎える。プール中央を取り囲む水滴のカーテンに向けて、360度の全方位から映像が投射される。つまり、無数の水滴にプロジェクションマッピングが行われるのが、夜のパフォーマンス最大の特徴だ(時季によってプロジェクションマッピングが行われない場合もある)。

 プールの真上に浮かび上がる、色彩鮮やかなプロジェクションマッピング映像と、水面から勢いよく飛び上がるイルカの演技との印象的なコラボレーションで、幻想と現実が交差する不思議な雰囲気を楽しめる。昼の部に比べると「鑑賞」に重きが置かれており、言語や文化を超えた普遍的な感動が空間を包み込む。

 夜8時以降の時間帯に行われる水族館のイルカパフォーマンスは珍しいといい、とっておきの晩のディナーの前後など、フォーマルな服装でも抵抗なく訪れることができそうだ。

【参考記事】噂のロボットレストランは家族連れでもイケるらしい

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの捜査開始

  • 3

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 4

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 5

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    ホロコーストをめぐる歴史問題が欧州サッカーに飛び火

  • 8

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 9

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 4

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 8

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!