最新記事

シリーズ日本再発見

いま、エナジードリンク時代が日本に到来している

2021年03月17日(水)16時40分
西田嘉孝

まさにエナジードリンクな新感覚「飲料系」たばこ

市場が加熱するエナジードリンクやゼリー系飲料の一方で、「休憩」のイメージが強いたばこでも、どんなシチュエーションで吸っているかを聞くと、実はエナジードリンクと似たような傾向が見えてくる。

もちろん喫煙の目的はさまざまであり、「気分を落ち着かせたいとき」や「リラックスしたいとき」に吸うという人も多いだろう。

しかし2020年を通して見れば、そうした目的で吸う人がわずかながら減っているのに対し、「前向きになりたいとき」や「成し遂げた・成功したとき」に吸うという人が増えているのだ(マーケティングリサーチ会社マーケティングアンドアソシェイツの調査より)。

そうした、いわば「気分を盛り上げたいとき」や「もうひとがんばりしたいとき」に、うってつけのフレーバーもある。

加熱式たばこ「プルーム・テック・プラス」専用のたばこカプセル「メビウス・エナジー・スパーク・ミント」と「メビウス・エナジー・ショット・ミント」だ。「スパーク」のほうは炭酸飲料がイメージされ、後口に残る爽快な刺激がくせになる。一方の「ショット」のテイストは、まさに私たちがよく知るエナジードリンク。シャープでキレのあるうまさと爽快感が特徴の、新感覚の飲料系フレーバーなのだ。

この2銘柄、昨年夏に期間限定で発売されたものだが、世の中の「エネルギー」人気も影響してか、好評を博してレギュラー化。3月5日から全国発売となった。

japan20210317energydrink-pic3.jpg

エナジードリンクをイメージしたたばこカプセル「メビウス・エナジー・スパーク・ミント」と「メビウス・エナジー・ショット・ミント」、利便性が増した新デバイスの「プルーム・テック・プラス・ウィズ」(手前) Newsweek Japan

最近ではリモートワークも当たり前になり、喫煙者にとっては、自宅で吸う機会が増えている。自宅での「もうひとがんばり」なシチュエーションでも、たばこのにおいをほぼ無臭にまで軽減した「プルーム・テック・プラス」は心強い味方と言えるだろう。

折しも今年2月には、「プラス」の専用のたばこカプセルが楽しめる「プルーム・テック・プラス・ウィズ」の全国発売がスタートしたばかり。「プルーム・テック・プラス」の機能はそのままに、携帯性や利便性を格段に進化させた加熱式たばこの新デバイスだ。

驚くほどコンパクトなのに、充電時間が短縮されているうえ、たばこカプセルやバッテリーの残量がひと目で分かるディスプレイも搭載している。

筆者も早速購入して使用しているが、「吸いたいタイミングで使えない」という状況を未然に防いでくれる残量ディスプレイは、これまでのデバイスになかったのが不思議なくらいに便利でありがたい。

また、電源のオン・オフもデバイス上部のボタンを3回連続で押すだけ。ゼロ秒起動なので、好きなときに好きな分だけ楽しめるのも嬉しいポイントだ。

今はもう「24時間戦う」時代ではなくなったかもしれない。だが、ようやく経済に明るい兆しが見えてきそうななか、日本のビジネスパーソンたちはさらなる「エネルギー」を求めている。

あらゆるアイテムが登場し、群雄割拠が続く日本の「エナジー系市場」に今後も注目だ。

japan_banner500-season2.jpg

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔していること

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 6

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 7

    イギリスがデルタ株の感染再燃で正常化先送りなのに…

  • 8

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 9

    「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強す…

  • 10

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 10

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中