コラム

遅れてきたバンド、遅れてきたギタリスト

2013年11月23日(土)21時07分

 ザ・ポリスのギタリスト、アンディ・サマーズは遅れてきたギタリストだ。生まれは1942年、45年生まれのエリック・クラプトンや43年生まれのキース・リチャーズよりも実は年上なのに、ポリスとして売れたのはアルバム『アウトランドス・ダムール』が出た78年、36歳の年だった。

 当時スティングは27歳、ドラムのスチュアート・コープランド25歳。平均年齢29・3歳は決して若くない。ところが当時隆盛を極めたパンク・ムーブメントを利用することで売れようとしたこの異色のバンドは、その後レゲエの要素を取り入れ大ブレイク。最大のヒット曲『見つめていたい』は、BBCによれば1曲で1350万ポンド(約22億円)を稼ぎ出し、「最も稼いだ曲」ランキングの8位に入るほど売れた(ちなみにビートルズの『イエスタデイ』が1950万ポンド〔約32億円〕で4位)。

 60年代から70年代にかけて世界を席巻したロックムーブメントに乗り遅れたが故に、80年代前半を象徴する存在になったバンド、ポリスの栄光の歴史と内幕を描いたドキュメンタリー映画『ポリス/サヴァイヴィング・ザ・ポリス』が11月23日から、日本で公開されている。

 ベースになっているのは、サマーズの自伝『ポリス全調書』(スペースシャワーネットワーク)。ほかのメンバーよりひと回り年長なことと、恐らくは持って生まれた性格ゆえ、なのだろう。サマーズはギタリストという人種では珍しい「調整型」「気使い型」の人だ。どこか冷めた視点で、バンドに突然当たったスポットライトのきらめきとやがて消えゆくはかない熱狂を淡々とつづる自伝のよさは、この『サヴァイヴィング・ザ・ポリス』でもうまく再現されている。

 スティングの傑出した才能ゆえ、バンドは84年のグラミー賞を総なめにしたアルバム『シンクロニシティー』を最後に空中分解するのだが、このアルバムの段階で、既に3人がそれぞれスタジオの別の部屋で録音するほど不仲だったこともサマーズは淡々と振り返っている。ご多分にもれず、乱痴気騒ぎとドラッグでサマーズも身を持ち崩し、彼を深く理解する妻から三行半を突きつけられる。ただ、彼はその後自分を取り戻して妻と復縁し、家族を取り戻す。突き抜けたいのに、どこか突き抜けられない。その音楽性を象徴するサマーズの人生のエピソードも、映画では語られている。

 MTVが全盛期を迎えた80年代初めは、ベトナム戦争の終結と共に政治の季節が終わり、反逆の象徴だったロック音楽が一気に商業化を迎えた時代だった。MTVはその牽引役で、ポリスもほかならぬMTVによって世界に広く知られるようになったバンドの1つだ。ただ一方でどこか昔の香りを残したこの3人編成のグループは、ロックの1つの時代の終わりに咲いた「あだ花」だったのかもしれない。

 サマーズと日本ファンとの思いがけない交流の様子や、人気だった音楽番組「ベストヒットUSA」に出演した際の(ちょっと笑える)シーンも映画では見ることができる。個人的に驚きだったのは、カメラマンとしての彼のもう1つの顔だ。音楽で煮詰まった気分を切り替えるために始めたらしいが、その作品は素人のレベルをはるかに超えている。サマーズの公式サイトに作品の一部があるので、興味のある人はぜひ一度見てほしい。彼特有の「どこか冷めた視点」が、ある意味その音楽以上に表現されている。

――編集部・長岡義博(@nagaoka1969)

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

ニュース速報

ワールド

東京都で新たに209人が新型コロナ感染、重症者46

ビジネス

アルケゴス問題は大変残念、教訓の洗い出しが必要=金

ワールド

日韓首脳会談、日本が一方的にキャンセルとの事実は全

ワールド

アングル:途上国に「ワクチン10億回分」、新規表明

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔していること

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 6

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 7

    イギリスがデルタ株の感染再燃で正常化先送りなのに…

  • 8

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 9

    「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強す…

  • 10

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 10

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中