コラム

「天安門」から遠く離れて

2011年02月23日(水)11時16分

 北方に住む中国人にとって一番身近な「お茶」は、ウーロン茶でも鉄観音茶でもなく、茉莉花(モーリーホア)茶である。いわゆるジャスミン茶だ。家庭でもレストランでも、食事のときにまず出てくるのは茉莉花茶。日本人にとっての番茶といっていい。

 中東革命に触発された「茉莉花革命」が先週末、中国の13都市で呼び掛けられ、あえなく散った。各地で民主化を叫んだ何人かの中国人が当局に拘束され、香港の中国人権民主化運動情報センターによれば、黒竜江省ハルビン市で演説をして捕まった35歳の無職女性には、国家政権転覆罪を適用された。最長で10年の懲役刑がある重罪だ。

 それにしても現場の写真や映像、取材者たちの証言を見たり聞いたりする限り、ここから「革命」が始まる気配は感じられなかった。日本の新聞には警官に連行される上海の若者の写真が大きく使われていたが、むしろ目に止まったのは、北京の繁華街である王府井で撮影された1枚の写真だ。

 1000人ほどの群衆が呼び掛けられた集合地点の「中心」を取り巻いているが、その「中心」には誰もいない。「中心」の一番近くにいるのはおそらく公安要員とみられる男たちとカメラマン。中国人権民主化運動情報センターによると、この日までに活動家約100人がさまざまな形で拘束あるいは外出制限されていた。この「中心」に入るべき彼らを中国当局が事前に排除した、だから「革命」は不発に終わった――という見方も確かにできる。でも、少なくとも筆者は、彼らがこの中心で民主化を叫び、そこから流れ出した「うねり」があまねく中国全土を覆う様子を、どうしてもイメージできない。

 89年の天安門事件の発火点は中国版「グラスノスチ」を進めようとした胡耀邦総書記の死だが、火が燃え広がったのは、少なくとも運動の中心だった学生や都市住民の間に、官僚腐敗やインフレに対する憤りという「共通の素地」があったからだった。不条理を感じる対象も「権力を抱え込んで離さない特権階級たる共産党指導部」でしかなかった。

 今回の「中国ジャスミン革命」のきっかけの1つと言われている在米中国語ニュースサイト博訊ネットが「転載」した文章は、次の中国人に集会参加を呼び掛けていた。

◇メラミン混入ミルク事件で自分の赤ん坊を腎臓結石にさせられた父親
◇自宅を強制撤去させられた家族
◇住宅難で狭いアパートに何家族も同居することを余儀なくされている人たち
◇退役軍人、私立学校の教師、早期退職を迫られた銀行員、その他リストラされた人々
◇さまざまな地方政府の不正を中央政府に訴えようと北京に集まる陳情者
◇昨年末に浙江省で起きた「村長謀殺事件」の結末に不満をもつ人々
◇飲酒ひき逃げ事件を起こしながら「オレのパパは李剛!」と警察幹部の父親の名前を使って罪を逃れようとした息子が気に喰わない人たち
◇温家宝首相の「映画スター(偽善者という意味)」ぶりが我慢ならない人々
◇08憲章の署名者
◇法輪功の参加者
◇共産党員
◇民主活動家
◇野次馬

 今年の6月で天安門事件から22年になる。この「名簿」を見ていて、22年の間に中国人の怒りの対象はこんなにバラバラになってしまったのか、と愕然とした。もちろん呼び掛け文の筆者は「政治改革を始めよ/一党支配を終わらせよ」と、共産党批判を織り交ぜて入るのだが、それぞれがこれほど違う方向を向き、何より大半の中国人が「明日の正義より今日の暮らし」と感じている状況では、とても「うねり」など起き得ない。

 それに、この「名簿」からは中国の主役である農民が抜け落ちている。博訊ネットは今週末に再度集会を呼び掛ける声明を掲載しているが、せいぜい野次馬(と外国メディアと公安要員)が集まるだけだろう。

 悪かったのは「番茶革命」というネーミングだけではあるまい。

――編集部・長岡義博(@nagaoka1969)

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

ニュース速報

ワールド

豪NSW州、新型コロナ感染拡大 農相が陽性・保健相

ビジネス

韓国中銀、今年下期のインフレ圧力拡大見込む

ワールド

原油先物は上昇、米在庫減少で燃料需要巡る楽観高まる

ワールド

蘋果日報の廃刊、香港メディアへの「政治的抑圧」 台

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 2

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の正体は?

  • 3

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環境破壊と難民危機

  • 4

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 5

    イスラエルが航空機搭載のレーザー兵器でブレイクス…

  • 6

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 7

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 8

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 9

    インドの「スーパースプレッダーイベント」、虚偽の…

  • 10

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中