コラム

アカデミー賞よりクリエイティブなレゴの「深い世界」

2011年02月14日(月)15時46分

 1月25日、第83回アカデミー賞の作品賞候補が発表された。アメリカのメディアは例年通り、候補作や監督、俳優などに関するニュースを取り上げていて、表彰式までにその盛り上がりは最高潮に達するだろう。そんな中、アカデミー賞を題材にした、ある「作品」がいくつかのメディアで密かに話題になっている。ブロックのおもちゃ、「LEGO(レゴ)」の作品だ。
 
 カリフォルニア州に住むアレックス・エイラーは、今年のアカデミー賞候補10作品で記憶に残ったシーンを、独自の視点からプラスチックのブロックおもちゃ「レゴ」で再現した。レゴブロックを組み合わせて製作された彼の作品は、独特の雰囲気や世界観をもち、その高い完成度が注目されている。その感性に富んだ創作は......。
 

socialnetwork.jpg kingsspeech.jpg
『ソーシャル・ネットワーク』        『英国王のスピーチ』    

blackswan.jpg thefighter.jpg 『ブラック・スワン』          『ザ・ファイター』  
inception.jpg kidsareallright.jpg 『インセプション』         『キッズ・オールライト』
127hours.jpg truegrit.jpg 『127時間』           『トゥルー・グリット』
toystory3.jpg wintersbone.jpg 『トイ・ストーリー3』         『ウィンターズ・ボーン』


 作者のエイラーは、「サイズによってまちまちだけど、1つのシーンを30分~1時間くらいで作った」と言う。「例えば『インセプション』は、廊下全体を作らなければいけなくて、1時間かかった。『英国王のスピーチ』では必要な要素が、1人のキャラクターと壁だけだったから、10分で完成した」
 
 最も難しかった部分は? との質問には、「それぞれのキャラクターを正確に描写するために顔、胴体、髪の部品を見つけることだった」と語る。「『トゥルー・グリット』では眼帯をした男が必要だったけど、ラッキーなことにレゴ社から販売されているちょうどいい顔を見つけることができたよ」
 
 エイラーは現在、カリフォルニア州にある大学の大学院で映画脚本を学んでいる。「映画と無関係というわけではないんだ」と、彼は言う。さらに彼は、映画史に残る作品のシーンもレゴで再現した。
 

pychosized.jpg shiningsized.jpg
『サイコ』               『シャイニング』


 デンマークに本社があるレゴ社は、プラスチックのブロックで作ることができるワニのような動物から、お城、警察の護送車までを、主に子供をターゲットとして販売している。だがエイラーの作品を見ても分かる通り、レゴブロックは決して子供だけのおもちゃではない。世界中の大人たちが、レゴブロックを使って「芸術的」ともいえる作品を制作し、インターネットで公表したり、個展を開いたりしている。そのレベルはおもちゃの域を超え、レゴブロック・アーティストと呼ばれる芸術家も存在するほどなのだ。
 
 ここ日本でもレゴの人気は非常に高く、今、新しい試みが始まっている。史上初めてとなる日本発のレゴ商品が世界中で販売されることになった。何が新しいかと言うと、レゴ公認のウェブサイト「LEGO CUUSOO」で日本の一般ユーザーからアイデアを公募し、サイト上で人気投票を実施。1000票を獲得してデンマークのレゴ社で商品化することが決まれば、その商品は世界に向けて発売されることになる。
 
 その第1号として商品化されたのは、「しんかい 6500」だ。「しんかい 6500」は、世界一の潜水深度(6500メートル)を誇る有人潜水調査船。その調査船を413個のレゴブロックで再現しており、2月17日に発売が開始されるという。ネット公募で商品化するというのもまた、レゴにとって世界初の試みだ。
 
 日本から世界に発売する商品のアイデアは今もまだ募集中だ。ネット上の投票でファンの支持を受けることができれば、自分のアイデアを商品化するのも夢ではない。
 
 オスカー候補作のような創作から日本発の有人潜水調査船まで、レゴはさらにクリエイティブな世界をみせてくれそうだ。
 
――編集部・山田敏弘

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

ニュース速報

ワールド

豪NSW州、新型コロナ感染拡大 農相が陽性・保健相

ビジネス

韓国中銀、今年下期のインフレ圧力拡大見込む

ワールド

原油先物は上昇、米在庫減少で燃料需要巡る楽観高まる

ワールド

蘋果日報の廃刊、香港メディアへの「政治的抑圧」 台

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 2

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の正体は?

  • 3

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環境破壊と難民危機

  • 4

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 5

    イスラエルが航空機搭載のレーザー兵器でブレイクス…

  • 6

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 7

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 8

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 9

    インドの「スーパースプレッダーイベント」、虚偽の…

  • 10

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中