コラム

ビデオ流出が実現した胡錦濤訪日

2010年11月09日(火)18時03分

 先週You Tubeにアップされた尖閣事件の流出映像を最初に見たとき残った印象は、狂ったように鳴り響く巡視船のサイレンの音と、中国人船員のまったくやる気のない様子と、9月の沖縄の青い空、だった。

 早送りを交えながら一応すべての映像を見た。私見ながら、中国漁船は明らかに2回巡視船に体当たりしていると思う。ただそれ以前に巡視船がかなりしつこく中国語のテープで「日本国の領海内だから早く出て行け」と繰り返していた。恐らく船長は相当いら立っていた。海保のテープに何度も警笛を鳴らす様子を見れば、それは分かる。

 海の上に問題の漁船以外の中国船は見えない。それを複数の日本の巡視船が、神経を逆なでするテープを大音量で流しながら追い込んでいく。最初にぶつかって行ったのは漁船だから、一義的に責任を問われるべきは中国側だ。ただ日本側の追い込み方も中国側から見れば「弱いものいじめ」と見えるだろう。

 日中戦争の発端となった1937年の盧溝橋事件で、日中どちらが先に発砲したかは未だに論争に決着がついていない。ただ、どちらが打ったかというのは実は些細なことで、むしろ問題の本質はそこまで両国間の緊張が高まっていたことにある。要はどちらが先に打ってもおかしくない状態だった。

 今回の事件も基本的な構造は同じ。東シナ海で起きている地政学的なパワーシフトに伴って生じたあつれきが、日中が直接ぶつかりあうほぼ唯一の場所で現実になった――まだ双方に陰謀論の匂いは残るが、例えそうだったとしても、事件の本質は中国の台頭と相対的な日米のプレゼンスの低下という東アジアの現実にある。どっちが仕掛けたか、などというのは瑣末なことだ。

 図らずもビデオが流出したことで、日本側の尖閣事件に関する懸念材料は出尽くした。中国船が自らぶつかって来たことが明らかになっても、日本世論の批判のベクトルは中国側でなく、むしろかたくなに全面公開を拒む菅政権とその情報管理能力に向かっている。それはおおかたの日本人が、ビデオを実際に見て問題の本質が「どちらがぶつけたか」にはないことを理解したからではないか。胡錦濤がギリギリのタイミングでAPECに伴う訪日を発表したのも、日本国内の嫌中感情がそれほど高まっていないと最終的に判断できたからだろう。

 誰かが現政権に対する義憤あるいは反中的な感情に駆られて映像をアップしたのだとすれば、胡錦濤訪日の地ならしという皮肉な結果に終わったことになる。しかも、国民の知る権利に応えるこれ以上ない材料を提供して。

 まさか現政権の「誰か」による陰謀なのではあるまいが。
 
――編集部・長岡義博

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

フェラーリ初のEV、価格は50万ドル超か=関係筋

ビジネス

ビットコインETF、豪主要取引所ASXで取引開始

ワールド

米エクソンなどのLNG輸出プラント、破綻請負会社の

ビジネス

米国中心に発電事業拡大、世界の生成AI電力需要に貢
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    なぜガザの停戦案はまとまらないのか?「イスラエル…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story