コラム

古田敦也は最高の野球ファンだった

2010年11月04日(木)11時20分

 米メジャーリーグでは今月2日、サンフランシスコ・ジャイアンツがワールドシリーズ制覇を決めました。ジャイアンツのイメケン長髪エース・リンスカムや、広島カープでも活躍したテキサス・レンジャーズのルイス投手など、日本の野球ファンにとっても見どころの多いシリーズだったと思います。

 もちろんアメリカ国内の注目は非常に高かったようです。本誌11月10日号のパースペクティブにも、中間選挙を争う政治家たちがワールドシリーズと書かれた野球ボールに押しつぶされる様子を描いた漫画が掲載されています。アメリカでの野球人気は相変わらず根強いということでしょう。

 一方の日本では、中日ドラゴンズと千葉ロッテマリーンズが日本シリーズを戦っている真っ最中。ただテレビでの全国中継がない試合があるなど、プロ野球ファンとしては少し寂しい状況になっています。

 とはいえ、この時期になってもまだまだ野球熱が冷めない野球ファンは両球団のファン以外にもたくさんいます。そしてこのプロ野球人気が今も続く背景には、各球団や選手会などが以前からファンサービスに力を入れてきたという地道な努力も一因としてあると思います。

 私もドラフト会議の動向や各球団が行う補強など、ひいきのチームがシーズンを終えた今も野球ニュースを欠かさずチェックする1人。そんななか、元ヤクルトの古田敦也さんが朝日新聞出版から発売した『フルタの方程式 バッターズ・バイブル』の発売記者会見に参加する機会をいただきました。

 古田さんといえば、史上初の選手によるストライキに発展した04年のプロ野球再編問題で、選手会会長として経営者側と真っ向から戦った人物。当時、シーズン中にもかかわらずオーナー陣との交渉に堂々と挑んでいた姿を覚えている人も多いのではないでしょうか。ファンサービスを重視する現在の流れも、この事件が1つのきっかけになったと言えると思います。

 そんな古田さんの新著は、昨年発売された『フルタの方程式』(捕手編)の第2弾ということなのですが、今回はバッティングの技術論が初心者にも分かりやすく解説されています。古田さんが言うには、現役時代も「バッティングは引退するまで毎日が試行錯誤」だったそうで、「最後まで結論は出なかった」といいます。

 つまりバッティングとは、プロで活躍する選手にとってもそれほど難しいということ。休日には草野球チームで汗を流す私も(まだ選手が9人そろっていないので練習ばかりですが)、この本を読んでもっと勉強したいと思います。

 ところで記者会見では、同日に行われたドラフト会議についても質問が飛びました。現場を離れて外からプロ野球を見る立場になった今、古田さんはドラフトをどう見たのか。すると、「やっぱりヤクルトに誰が入るのかに一番興味がある」との返事。「ひいきのチームを持たないと面白くない。どこかのチームや選手を応援するのが、正しい見方だと思う」

 ああ、やっぱり古田さんも私たちと同じ野球ファンの1人だったんだ、と妙に納得してしまいました。そしてそんなファンの気持ちを分かってくれる古田さんだからこそ、あれほど熱く日本プロ野球を守るために戦ってくれたのだと改めて感じることができました。

 会見後、会場となった三省堂書店神田店でサイン会が行われたのですが、雨にも関わらずたくさんの人たちが行列を作っていました。やはり古田ファン、野球ファンは今も健在のようです。

 取材を終えて帰ろうとしていた私の近くで、古田さんにサインをもらった1人の子供が母親の元に駆け寄って満面の笑みで報告していました。「『野球うまそうだな』って言われた!」。古田さん、日本の野球人気もまだまだ続きそうですよ。


――編集部・藤田岳人

このブログの他の記事も読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

景気判断「足踏みみられるが緩やかに回復」で据え置き

ワールド

中印など4カ国、気候変動対策で先進国のリーダーシッ

ワールド

オバマ元大統領、ハリス氏支持表明へ 民主党大統領候

ビジネス

中国の大手国有銀行、預金金利引き下げ 利下げ受け
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story