コラム

ウィリアム王子、結婚は2013年?

2010年06月23日(水)12時00分

 6月21日に28歳になった英王室のウィリアム王子。誕生日を機に現在交際中のケイト・ミドルトンとの婚約が発表されるのではないかと注目が集まっていたが、結果は空ぶりに終わった。

 5年ほど前、ウィリアム王子は「結婚は28歳になってから、あるいは30歳くらい」と語っていたうえ、今年4月上旬には故ダイアナ元妃の伝記を手がけた編集者ティナ・ブラウンが「宮殿の日程表がなぜか空白になっている6月3~4日に婚約発表、11月に挙式」という予測を自身のブログに書いたことから、6月の動向が注視されていた。

 しかし6月3~4日は何事もなく過ぎ去り、先週は弟のヘンリー王子と一緒にサッカーW杯開催中の南アフリカやボツワナを訪問。誕生日の21日当日も、ウィリアム王子は英中部ショーベリーの空軍基地に戻り、いつも通りの訓練の1日を過ごした(現在、捜索救難ヘリコプターの操縦士になる訓練中)。

 まだ身を固める気分じゃないのか、単に優柔不断なのか。いずれにせよ、その点は父親のチャールズ皇太子とは大違いだ。故ダイアナ元妃とは80年7月に付き合い始め、翌年2月24日に結婚を発表、同年7月29日に「世紀の結婚式」を行った。しかしその後の顛末を考えると、ウィリアム王子が結婚に及び腰だとしても無理はない。父親のきょうだいのうち、離婚歴がないのは叔父のエドワード王子だけとなるとなおさらだ。

 一部では、2013年まで結婚しないという予測もある。来年はエリザベス女王の夫フィリップ公が90歳を迎え、12年にはエリザベス女王の即位60周年とロンドン五輪が控えているので王室は公務で大忙し。ウィリアム王子本人も、今秋からは救難活動などの軍務を本格化する予定で、任務が終了するのは2013年の春だ。その後に結婚したとしても、ウィリアム王子もミドルトンも31歳で、チャールズ皇太子が結婚した年(32歳)より若いことを考えると、十分あり得る選択肢だ。

――編集部・佐伯直美

このブログの他の記事も読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏、ウクライナ大統領と電話会談 「戦争終わ

ビジネス

日鉄、ポンペオ氏をアドバイザーに トランプ前政権閣

ワールド

〔情報BOX〕米民主34議員、バイデン大統領に撤退

ワールド

世界的システム障害、航空便や医療など影響多岐に 脆
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 6
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 7
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 8
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story