コラム

内憂外患のチャールズ英国王 ヘンリー&メーガンが年内に予定する「反乱」

2022年09月10日(土)13時26分
チャールズ新国王とカミラ王妃

バッキンガム宮殿前で国民に感謝の気持ちを伝えるチャールズ新国王とカミラ王妃(9月9日、筆者撮影)

<新国王となったチャールズ3世が直面するのは、難題だらけのイギリスと英王室の現状。敬愛された女王の足跡をたどることはできるか>

[ロンドン発]在位70年、96歳で逝去した母エリザベス英女王と別れを告げた新国王チャールズ3世(73)と妻カミラ王妃(75)は9日、英スコットランド・バルモラル城からロンドンのバッキンガム宮殿に戻り、弔花を手向ける数千人の国民に感謝の言葉をかけた。チャールズ国王はテレビ演説で「生涯の奉仕を皆さんに誓います」と宣言した。

午後6時(日本時間10日午前2時)、チャールズ国王は「海外で人生を歩むハリー(ヘンリー公爵の愛称)とメーガン(夫人)に私の愛を伝えたいと思います」「愛するママへ、パパのもとへと旅立つあなたにありがとうと言いたい。私たち家族とこの国の家族のために何年も尽くしてくれてありがとう。天使の飛行が汝を休息に導くでしょう」と話した。

エリザベス女王は第二次世界大戦後の1947年、21歳の誕生日にケープタウンからラジオ放送で「私たちの世代は一人前の男、女になろうとしています。戦争が残した不安や苦難にひるんではなりません。その長さにかかわらず、私の全生涯を国王への奉仕と私たち全員が属する偉大な王室への奉仕に捧げることを皆さんの前で宣言します」と誓った。

チャールズ国王は「これは彼女の全人生を決定づけた深い誓いだった」と振り返り、「彼女の奉仕の人生には、伝統への変わらぬ愛と進歩に対する恐れを知らぬ受容性があり、それが英国を偉大な国家にしていると思います。女王が揺るぎない献身を惜しまなかったように私も生涯を通じて忠誠と尊敬と愛を持って皆さんに仕えます」との約束を新たにした。

「ハリーとメーガンに私の愛を伝えたい」の真意

英国は欧州連合(EU)離脱を決めた2016年の国民投票から分断したままだ。スコットランドが独立し、北アイルランドは分離、アイルランドと統合する可能性すらくすぶる。デービッド・キャメロン、テリーザ・メイ、ボリス・ジョンソン、リズ・トラスと6年余の間に保守党内で4人の首相が入れ替わった。英国だけでなく保守党内も二分している。

王室もヘンリー公爵とメーガン夫人の離脱をきっかけに目を覆うばかりの兄弟争いが繰り広げられる。「ハリーとメーガンに私の愛を伝えたい」というのは、メーガン夫人が最近、米雑誌カットのインタビューで「ヘンリー公爵は父を失った」と発言したことに対するチャールズ国王からの和解提案である。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

政府、対ロ追加制裁を決定 化学兵器関連物品の輸出禁

ビジネス

午前の日経平均は3日続落、景気後退懸念強まり全面安

ビジネス

米ファイザーCEO、2回目のコロナ陽性 8月に続き

ワールド

EU5カ国がロシア産ダイヤ禁輸提案、取引拠点ベルギ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ウクライナ サイバー戦争

2022年9月27日号(9/20発売)

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    Google元エンジニアは言う──彼が開発したAIには、確…

  • 8

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 9

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 10

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    植民地支配の「罪」をエリザベス女王は結局、最後ま…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中