コラム

欧州超特急のナポレオン的過ち

2010年03月01日(月)21時00分

 海底を通るトンネルでドーバー海峡を横断し、最高時速300キロでロンドンとパリ、そしてブリュッセルを結ぶユーロスター。個人的に何度も利用したこともあって、いろいろと思い出深い電車だ。

 この電車、07年に変更されるまでロンドン側のターミナル駅はウォータールー駅だった。これをフランス語読みするとワーテルロー、つまりフランスの英雄ナポレオンがイギリスなど連合軍に敗れた戦場の名前となる。イギリスに来るフランス人は、ユーロスターを降りるたびに不快な気持ちにさせられるという実に嫌味な趣向に、はじめてそのことを知ったときには「これがヨーロッパ!」と、なぜかうれしくなったものだ。

 そんなユーロスターの名前を、ヨーロッパを離れてから久々に聞いたのが、昨年末から立て続けに発生している故障による立ち往生のニュースだった。12月には海峡トンネル内で列車が停止して2000人以上が閉じ込められ、1月にも同様の事故が起きていた。

 さらに2月21日、乗客約740人以上を乗せたユーロスターは、夜の11時にイギリス国内アシュフォード近郊で「技術的問題」によって停止。非常灯も15分ほどで消えたために真っ暗になった車内で乗客は2時間も待たされたという。さらに自分で荷物を抱えたまま、はしごで線路に下ろされ、代わりの電車に乗り換えてロンドンに到着したときには午前2時30分になっていた。

 今回の故障の原因はまだ調査中とされているが、昨年のものについては、寒波と大雪に見舞われた外気と、トンネル内の暖かい空気の温度変化による電気系統のトラブルが原因だったと2月13日に調査結果を発表。メンテナンスの不備に加え、故障に対する対応のまずさから雪対策ができないまま「ぶっつけ本番」で冬を迎えたのではと疑われるなど、運行計画にも非難が集まっているところだった。

 そもそも冬は寒くて、雪だって降るものだ。それなのに、その準備さえしっかりできていなかったうえに、同じようなトラブルを繰り返すとは......。

 ロンドンのターミナル駅が現在のセント・パンクラス駅に変更されたときには、ナポレオンが群集に「ワーテルローを忘れよ!」と叫ぶポスターが掲げられたユーロスター。だが、やはりナポレオンを敗走させた「冬将軍」のことは、まだ忘れるわけにはいかないようだ。

――編集部・藤田岳人

このブログの他の記事も読む

プロフィール

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

3月改定景気動向指数、一致指数は前月比+2.1ポイ

ワールド

朝鮮半島問題の解決、努力することで一致=日中韓サミ

ビジネス

ECB、6月に利下げ開始の可能性=フィンランド中銀

ワールド

米下院外交委員長、台湾総統と会談 「兵器納入は間近
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 6

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story