注目のキーワード

Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2021.8.10号(8/ 3発売)

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

Cover Story

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

プロフィール 世界が本当に評価する天才・異才・鬼才
Heroes & Icons 世界できらめく新時代のヒーローたち
市川海老蔵(歌舞伎俳優)/吾峠呼世晴(漫画家)/松山英樹(プロゴルファー)/田根剛(建築家)/CHAI(ロックバンド)/猪子寿之(ウルトラテクノロジスト集団チームラボ代表)/BLACK(ヨーヨーパフォーマー)/竹内まりや(シンガーソングライター)
Artists & Entertainers 想像力とカリスマ性で限界を突破する
リナ・サワヤマ(シンガーソングライター)/Fumiya(ユーチューバー)/東信(フラワーアーティスト)/杉野公彦(ラウンドワン代表取締役社長)/中原圭子(撮影監督)/志村けん(コメディアン)/菊野昌宏(独立時計師)
Challengers 新たな地平を拓く挑戦者たち
ときど(プロゲーマー)/中村哲(ペシャワール会現地代表)/阿古智子(東京大学大学院教授)/小澤マリア(バー経営)/ジム・タニモト(元日系人収容所収容者)/ゴジラ(怪獣)/原昌宏(技術者〔デンソーウェーブ主席技師〕)/岩崎明子(免疫学者)/ヒカル・ナカムラ(チェスプレーヤー)
Rest of the Best 国境を超えて世界を動かす逸材たち
安藤忠雄(建築家)/服部匡志(フリーランス眼科医)/川上未映子(作家)/ハム太郎(ハムスター)/三原慧悟(ユーチューバー)/大谷翔平(メジャーリーガー)/高田賢三(ファッションデザイナー)/ユウタ(Kポップアイドル)/濱口竜介(映画監督)/井上尚弥(プロボクサー)/杉良太郎(俳優)ほか
【Periscope】
CHINA 厳し過ぎる学習塾規制は誰のため?
PERU ペルー新大統領は無名の元小学校教師
UNITED STATES マイアミが狙う仮想通貨で街おこし
GO FIGURE ワクチンの効果は2カ月後から低下する
【Commentary】
視点 米軍アフガン撤退で次に起きること──河東哲夫
分析 コロナ禍の五輪に夢中になる理由──グレン・カール
世界経済 経済学の常識を転換すべき時──カウシク・バス
風刺画で読み解く「超大国」の現実 SF小説『三体』が秘めたメッセージ──ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 五輪と日米戦争と「失敗の本質」── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 子供の写真をSNSに投稿するのはアリ?
ニューヨークの音が聴こえる アメリカで見た東京五輪の空しさ ── 大江千里
【World Affairs】
感染症 再びコロナ封じ込めの台湾に学べ
北朝鮮 サイバー攻撃はホテルのWi-Fiから
米経済 70年代型インフレの悪夢が再び?
アラブ チュニジアよ、お前もか
【Features】
追悼 ピート・ハミルの声が今も聴こえる
【Life/Style】
Documentary 世界一孤独なクジラの謎を追いかけて
Trends 企業が怯えるTikTok爆弾
Travel ポスト・コロナは夢の旅に出掛けよう!
My Turn ダイヤは自分で掘る! 僕のプロポーズ大作戦
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power ソ連時代の夢の跡に難民は暮らす
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 誰も知らない「消費者還元サービス」 ── トニー・ラズロ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 2

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの実態

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 5

    「中の人」の視点で終わった『東京2020オリンピック …

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 8

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 6

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴…

  • 7

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 10

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中