Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2020.2.18号(2/11発売)

特集:新型肺炎 どこまで広がるのか

2020年2月18日号(2/11発売)

Cover Story

感染者数がSARSを超えた新型コロナウイルス── 「起きるべくして起きた」中国発の感染症を止める処方箋

感染症 新型コロナウイルスは人類への警鐘だ
政治 一党独裁の病巣が感染拡大を助長する
ルポ 北京は不気味に静まり返る
医学 新型肺炎治療を漢方に頼る危うさ
対策 ワクチン実用化は近づいているのか
社会 ウイルスより危険な差別という病気

Commentary 新連載

森達也の私的邦画論 『アフリカの光』をDVDでは観ない理由── 森達也(映画監督)
【Periscope】
BRITAIN ブレグジット交渉の本番はこれから始まる
UNITED STATES 「ドル高叩き」トランプ政権の自業自得
GREECE 人口増と難民排斥を両立したいギリシャ
CRYPTOCURRENCY 新型ウイルスが仮想通貨の追い風に
GO FIGURE トランプ演説への関心が薄れている?
【Commentary】
欧州 終わった政治家の巣窟、EUよさらば──コリン・ジョイス
視点 ある資本主義者の正直な告白──サム・ヒル
大統領選 私は「新星」の躍進を知っていた──サム・ポトリッキオ
風刺画で読み解く「超大国」の現実 恥ずかしい弾劾裁判のいかさま弁護──ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 新型肺炎から身を守る働き方── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 仲良しのけんかに親は介入すべき?
あなたの人生聞かせてください 同性愛を社会学して見えた生きる道── 久保田智子
【World Affairs】
米政治 アメリカの民主主義が崩れ落ちる
メディア FOXニュースが「無罪判決」を生んだ
【Features】
アフリカ 上げ潮ナイジェリアが次の中国になる日
【Life/Style】
Fashion シャネルと戦争とライバルと
Art コミックの先駆者シャルロッテ・サロモン
Health 閉経を血液検査でぴたりと当てる
Movies 「ワンカット」で捉えた戦争の恐怖『1917』
Movies スウィフトが脱「いい子」して宣戦布告
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power チリの砂漠を削る幾何学模様の美しき矛盾
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye  周来友──史上最悪の春節を「転じて福」となせ

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 3

    黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざまずいて弔意を示す

  • 4

    「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

  • 5

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 6

    NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 9

    まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

  • 10

    「ドイツの黒人はドイツ人とは認められない」 ベルリ…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 7

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 8

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 10

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 1

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 10

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!