Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2020.2.11号(2/ 4発売)

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【韓国人編】

2020年2月11日号(2/ 4発売)

Cover Story

日本のさまざまなカルチャーに惚れ込んだ韓国人一人一人の知られざるストーリー

日韓関係 韓国人が日本の●●を好きな理由
歌人 自らを31字で表現する短歌は好きを超えている
お遍路案内人 1200キロの道のりが私を救ってくれた
ゲストハウスオーナー 日本人客をおもてなし「小川剛」の語った原点
DJ 「昭和」で世界をグルーヴ 懐メロを更新するDJ
デザイナー 洋服づくりを学んだ東京でのハードな4年間
社会 ガンダムベースが韓国に12店もある理由
料理人 シンプルにして深遠 日本そばに魅せられて
紀行作家 ソウルや地方に残る日本の古い家を訪ねて
鉄道マニア 銀河鉄道999に憧れ日本を旅して20年
ルポ 日本のパン、韓国で人気です
【Periscope】
BRITAIN ブレグジット交渉の本番はこれから始まる
BRITAIN 英政府のファーウェイ容認に米激怒
UNITED STATES アイオワ州が米大統領選のカギを握る訳
SOUTH KOREA 「思いやり予算」交渉決裂の意外な余波
【Commentary】
イスラム イランで迫害されるキリスト教徒── 飯山陽
諜報機関 不都合な真実を隠す病弊── グレン・カール
視点 トランプ再選で世界は崩壊?── 河東哲夫
風刺画で読み解く「超大国」の現実 新型肺炎で露呈した中国の病い──ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 貿易赤字は本当に悪いことか── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 母と娘の確執その連鎖は断てる?
たかがジョーク、されどジョーク トランプが壁ドンして言ったこと── 早坂隆
【World Affairs】
感染症 新型肺炎が市場崩壊をもたらす日
経済 肺炎パニックは成長率をむしばむか
中東和平 トランプ案は「トロイの木馬」
【Features】
環境 温暖化でヒマラヤが解け始めた
追悼 コービーもまた「神」だった
【Life/Style】
Movies ストリッパーの友情に魅せられて
Movies 2人のレイチェルが魅せる禁断の恋
Books いま読みたい英王室傑作ユーモア小説
Well-Being 「47.2歳が人生で最悪」説を大検証する
Health 女優とネットフリックスと代替医療の怪しい関係
Religion 「2人の教皇」の不都合な真実
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power モスルは静かに破壊を物語る
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye マクロンも羨む日本の「70歳定年」── 西村カリン

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で2桁台

  • 3

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮圧を支持

  • 4

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯…

  • 5

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 6

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 7

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 8

    ドイツで知名度をあげたウイルス学者は、コロナ予防…

  • 9

    横領、虐待...「ナヌムの家」慰安婦被害者の施設で起…

  • 10

    RIP木村花 ネットの悪質コメント、日米韓それぞれの…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!