Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.8.27号(8/20発売)

特集:香港の出口

2019年8月27日号(8/20発売)

Cover Story

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

中国 香港版天安門事件の不気味なリアル度
ルポ 香港デモ隊は暴徒か英雄か
視点 武力鎮圧後に起きること
中国軍 香港の運命を握る武装警察の正体
反論 「一国二制度」はやはり最善だ

「何でもデモ」韓国の政治欠陥

分析 大統領糾弾から「反日」まで、デモが日常な国の政府と市民の未成熟な関係
【PERISCOPE】
InternationaList
HONG KONG 「香港鎮圧」中国を困惑させる男
INDIA インドで400万人が無国籍者に?
FRANCE 人工衛星の軍事化にフランス参戦
PHILIPPINES 中国軍艦の「航行の自由」作戦
GO FIGURE 香港デモでキャセイ航空が窮地に
MONGOLIA 米エスパー長官の意外な訪問先は
ISRAEL トランプに逆らえないネタニヤフの命運
News Gallery
RUSSIA トウモロコシ畑にふんわり奇跡の不時着
UNITED STATES 銃の犠牲者を悼む光と怒り
Asia
CHINA たばこ会社が教育支援する「喫煙大国」
U.S. Affairs
トランプ新移民規制の衝撃
Business
株最安値ウーバーの経営が迷走する理由
飲まない時間を延ばして空の旅を安全に
【FEATURES & ANALYSIS】
インド カシミールを襲う植民地主義
歴史 米軍がイラン旅客機を撃ち落とした夏
企業 「よくないね!」フェイスブックがリブラで窮地
医薬品 インド製ジェネリックの恐るべき実態
フランス 美食外交に潜む深謀遠慮
【LIFE/STYLE】
Movies 『ロケットマン』でゲイのレジェンド再来
Science まばたきでズームするスマートコンタクト
Science やけ食いをする前に緑の木々を見よ
Health 幻覚剤の「微量投与」に熱い期待
Art よみがえったホイッスラーのクジャクの間
Television 愛と受容の「女王」がお茶の間を変える
【DEPARTMENTS】
Perspectives
Superpower Satire 移民が「侵略」してくるって?(パックン)
Picture Power モノクロのカリフォルニアに未来を映して
Letters
People

MAGAZINE

特集:ルポ新宿歌舞伎町 「夜の街」のリアル

2020-8・ 4号(7/28発売)

コロナでやり玉に挙がるホストクラブやバーの店主 彼らは本当に「けしからん」存在なのか

人気ランキング

  • 1

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスクとの向き合い方

  • 2

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪に加わった可能性が...

  • 3

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止まらない

  • 4

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 5

    日本の新型コロナ感染者、重症化率・死亡率が低い理由…

  • 6

    トランプのツイッターで急浮上 米大統領選「悪夢の…

  • 7

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 8

    米中関係どん底へ バイデン大統領が誕生なら改善す…

  • 9

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 10

    東京都、31日のコロナ感染463人で過去最多更新 小池…

  • 1

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に

  • 2

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 3

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 4

    これは何? 巨大な黒い流体が流れる様子がとらえら…

  • 5

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 6

    新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる

  • 7

    次期WTO事務局長選、韓国は日本に支持を呼びかけた..…

  • 8

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 9

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 10

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!