Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.8.20号(8/ 6発売)

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019年8月20日号(8/ 6発売)

Cover Story

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

お笑い 芸人が政治に口を出しちゃダメ?
解説 パックン流危険人物図鑑
■プーチン いつ脱ぎだすか分からない権力に酔った元スパイ
■金正恩 偽物も本物も特産品 アリババで売っちゃうよ
■トランプ キング・オブ・危険人物のいいところを紹介しよう
■習近平 洞窟から誕生した最強権力者(これ本当の話)
■ボリス・ジョンソン 嘘をついても許される 離脱危機も気にしな~い
■安倍晋三 得票率19%で改憲YEAH みんな、ノってるかい?
■ 番外編  支持率+オチに注目! 米民主党の大統領候補たち
座談会 世界のお笑い研究会開催!
【PERISCOPE】
InternationaList
HONG KONG 香港不動産がデモで急落の危機
SOUTH KOREA 日韓が見習った中国の悪しき外交術
GERMANY 米主導の有志連合からドイツが一抜け
PHILIPPINES ドゥテルテが宝くじをぶっ壊す!
GO FIGURE 米IT企業と報道の信頼はがた落ち
AFGHANISTAN ビンラディンの息子殺害とアルカイダ
UNITED STATES 元CIA工作員が検証するCIAの失態
News Gallery
JAPAN 国会が岩盤のバリアを撤去
UNITED STATES プラごみ被害のクジラが誤食?
Asia
JAPAN 中国かアメリカか、日本が迫られる選択
U.S. Affairs
女性議員4人組とトランプは似た者同士
Business
FRB利下げに意外な理解者
肉を超えるビヨンド・ミートが人気急上昇中
【FEATURES & ANALYSIS】
ブレグジット 強硬離脱とアイルランド統合
米中貿易 トランプが当て込む追加関税の一石二鳥
中国 香港デモの行方は天安門より不吉
通貨 マネー3.0は人間が主役の時代に
テクノロジー 知識を宇宙で海底で永久保存
【LIFE/STYLE】
Fashion モードで宇宙を目指したピエール・カルダン
Movies 『ライオン・キング』はリアルで不気味
Autos ビートルが残したアートカーの豊かな歴史
Travel ウオーキングサファリで自然に触れる
Director 恋愛抜き映画の非ハリウッド的面白さ
【DEPARTMENTS】
Perspectives
Superpower Satire 香港デモと中国政府の「本音」
Picture Power 被爆者「沈黙の痛み」がここに
Letters
People

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 3

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

  • 4

    世界の富裕層上位2100人が最貧困層46億人より多くの…

  • 5

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 6

    ヘンリー王子「王室引退」への不満と同情と

  • 7

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 8

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 9

    バグダディを追い詰めた IS被害女性ケーラ・ミュラー…

  • 10

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!