Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.6.11号(6/ 4発売)

特集:変わる中国 消せない記憶

2019年6月11日号(6/ 4発売)

Cover Story

軍が市民を虐殺した天安門事件から30年── アメリカに迫る大国となった中国を待つ「落とし穴」

共産党 中国の夢が中国の悪夢に変わる時
回想 今も鮮明に蘇る天安門の兵士の涙
分析 13億統合の象徴に「天安門」がなる日
フォトエッセー 「中国夢」の終わりを生きる
ナショナリズム 超多様国家のポップな自分探し

北アイルランドにIRA復活の足音

ルポ 新IRA活発化の背景には高失業率と住民の「心の病」がある
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 疑惑「終結」、トランプは弾劾されるか
NORTH KOREA 高官粛清? 衝撃ニュースの真実味
MALAYSIA 東南アジアはごみ捨て場じゃない!
TECHNOLOGY フェイスブック版仮想通貨の落とし穴
GO FIGURE アジア影響力番付で躍進した国は
IRAN 米イラン戦争なら海上戦はイランの勝ち?
NORTH KOREA 食糧不足と賄賂と抑圧の悪循環
SPAIN 移民サッカー選手が差別語で差別に抗議
News Gallery
FRANCE ジップラインよ! あれがパリの灯だ
JAPAN 日本満喫の大統領、接待の成果は?
Asia
CHINA ウイグルをめぐる中国の卑劣な懐柔作戦
CHINA 少数民族を見下す天安門闘士への違和感
Business
民泊の王エアビーがホテル界の王になる日
【FEATURES & ANALYSIS】
イギリス EU離脱騒ぎ中でもEUに無関心
テロ ISIS残党がイラクを襲う
ニューヨーク 開発が広げる新たな格差
脳科学 自殺者の脳は何が違うか
BY THE NUMBERS  増える食物アレルギー
【LIFE/STYLE】
Television 『ゲーム・オブ・スローンズ』が問う正義と倫理
Science 魚由来のプロテインが途上国を救う
Education 「ポピンズでボンド」な保育のプロ
Museum 「自由の女神」新博物館と移民国家の皮肉
Movies 実写版『アラジン』には魔法も効かない
Music マンチェスターから来たゴスな波 【DEPARTMENTS】
Perspectives
Superpower Satire 生ぬるい温暖化対策に抗議(パックン)
Letters
People

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 3

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物を救出」は本当?

  • 4

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 5

    人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身…

  • 6

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 7

    ヘンリー王子「王室引退」への不満と同情と

  • 8

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 9

    元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」…

  • 10

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 3

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機撃墜に憤る国民

  • 4

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃さ…

  • 7

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 8

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 9

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!