Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.6.18号(6/11発売)

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019年6月18日号(6/11発売)

Cover Story

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

指導者 世界のエリートが学ぶリーダー論
ブックガイド 最高のリーダーになるための必読16冊
提言 世界を引っ張るのは日本の若者たちだ

反エリートの星が台湾も席巻する

次期総統選 国民党の韓国瑜はアンチ台北で有権者の心をつかむ
【PERISCOPE】
InternationaList
JAPAN F35大量購入は「脱・専守防衛」の序章か
IRAN 「圧力路線」の放棄で米外交は迷走中
ISRAEL 「お仲間」ミャンマーに武器を売る国
ITALY バノンが欧州極右から排除され始めた?
GO FIGURE トランプの政策で不法移民がむしろ急増
SUDAN 崩壊寸前スーダンをアラブの影が覆う
UNITED STATES 中ロ退潮で際立つ日米「G1.5」
News Gallery
LEBANON レバノンとイスラエルの「ホットライン」
CHINA 入試狂騒曲にタクシー1300台が出陣
Asia
PHILIPPINES フィリピンで日本型平和主義は新時代へ
U.S. Affairs
メキシコ関税に共和党も猛反発
「 オバマの再来」が掲げる選挙大改革
Business
不適切動画のモグラたたき
フェイスブック株主らがワンマン経営に「No!」
【FEATURES & ANALYSIS】
イギリス 次の英首相を狙う11人の下馬評は
ヨーロッパ 環境だけじゃない「緑の党」躍進の理由
ビジネス 世界中の村に電力と水を届ける箱
医学 耐性菌の逆襲が医療を追い詰める
BY THE NUMBERS  データで見る抗生物質と耐性菌
【LIFE/STYLE】
Games 乱世のゲーム業界に信頼と直感で挑む
Television 片付けの魔法のときめかない現実
Movies 『ハウス・ジャック・ビルト』の挑発は不発
Theater ヒラリーの笑えない喜劇
Wine まだ世界が知らない穴場のワイン産地は
Celebrity 人気ユーチューバーはケンカも公開
【DEPARTMENTS】
Perspectives
Superpower Satire 偽発明をホメた市委書記の皮算用(唐辛子)
Picture Power. ベンチャー大国イスラエルのパワフルな日常
Letters
People

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 3

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からスタッフが消えた

  • 4

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 5

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 6

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 7

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

  • 8

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 9

    米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシア…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 3

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 7

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 8

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 9

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 10

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!