Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.6.25号(6/18発売)

特集:弾圧中国の限界

2019年6月25日号(6/18発売)

Cover Story

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

共産党 香港100万人デモと弾圧中国の限界
旧宗主国 イギリスが香港に抱える罪
Q&A 「中国のやり放題になる恐怖が香港を動かした」
台湾 対岸での戦いが親中派の逆風に?
少数民族 アメリカはウイグルを救えるか

『主戦場』の新たなる戦場

日本 慰安婦映画出演者による「だまされた」の抗議に監督はどう答えたか
【PERISCOPE】
InternationaList
IRAN タンカー攻撃でもトランプが反撃しない訳
JAPAN 安倍のイラン訪問は「子供の使い」でない
POLAND 歴史戦争が欧州サッカーに飛び火
ITALY 難民を助けた船長はヒーロー? 犯罪者?
GO FIGURE 民主党急進左派の下剋上が
RUSSIA 異例の記者解放はプーチン終焉の序章か
CHINA 中ロ「対米共同戦線」の同床異夢
News Gallery
SYRIA シリアの戦闘去ってまた一難
CHINA 中国政府が悩む2つのやまない「雨」
Asia
NORTH KOREA 北朝鮮の大気汚染が中韓へ拡散
AUSTRALIA 「差別」投稿で選手を追放する危うさ
Business
「老後に2000万円必要」の不都合な真実
【FEATURES & ANALYSIS】
中東 米イラン戦争が現実になる日
ウェブ トランプのウィキページは常に戦争中
ビジネス 藁を燃やさずインドの大気を救う
心理学 潜在記憶の直視がPTSD治療の一歩
BY THE NUMBERS  サメの襲撃と原始の恐怖
【LIFE/STYLE】
Television 罪を着せられた少年たちの物語
Movies 混沌と暴力の『パージ』第4弾
Books 夏はホットな本をクールに読もう
Theater オルフェウスの悲劇を現在に再現
【DEPARTMENTS】
Perspectives
Superpower Satire トランプはDデー精神を守れない(パックン)
Picture Power 旧ユーゴに残る記憶の欠片を探して
Letters
People

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 3

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃能力」を恐れる本当の理由

  • 4

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 7

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 8

    東京都、26日の新型コロナウイルス新規感染270人 連…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 5

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 6

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 7

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!