Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.6.25号(6/18発売)

特集:弾圧中国の限界

2019年6月25日号(6/18発売)

Cover Story

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

共産党 香港100万人デモと弾圧中国の限界
旧宗主国 イギリスが香港に抱える罪
Q&A 「中国のやり放題になる恐怖が香港を動かした」
台湾 対岸での戦いが親中派の逆風に?
少数民族 アメリカはウイグルを救えるか

『主戦場』の新たなる戦場

日本 慰安婦映画出演者による「だまされた」の抗議に監督はどう答えたか
【PERISCOPE】
InternationaList
IRAN タンカー攻撃でもトランプが反撃しない訳
JAPAN 安倍のイラン訪問は「子供の使い」でない
POLAND 歴史戦争が欧州サッカーに飛び火
ITALY 難民を助けた船長はヒーロー? 犯罪者?
GO FIGURE 民主党急進左派の下剋上が
RUSSIA 異例の記者解放はプーチン終焉の序章か
CHINA 中ロ「対米共同戦線」の同床異夢
News Gallery
SYRIA シリアの戦闘去ってまた一難
CHINA 中国政府が悩む2つのやまない「雨」
Asia
NORTH KOREA 北朝鮮の大気汚染が中韓へ拡散
AUSTRALIA 「差別」投稿で選手を追放する危うさ
Business
「老後に2000万円必要」の不都合な真実
【FEATURES & ANALYSIS】
中東 米イラン戦争が現実になる日
ウェブ トランプのウィキページは常に戦争中
ビジネス 藁を燃やさずインドの大気を救う
心理学 潜在記憶の直視がPTSD治療の一歩
BY THE NUMBERS  サメの襲撃と原始の恐怖
【LIFE/STYLE】
Television 罪を着せられた少年たちの物語
Movies 混沌と暴力の『パージ』第4弾
Books 夏はホットな本をクールに読もう
Theater オルフェウスの悲劇を現在に再現
【DEPARTMENTS】
Perspectives
Superpower Satire トランプはDデー精神を守れない(パックン)
Picture Power 旧ユーゴに残る記憶の欠片を探して
Letters
People

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 3

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

  • 4

    世界の富裕層上位2100人が最貧困層46億人より多くの…

  • 5

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 6

    ヘンリー王子「王室引退」への不満と同情と

  • 7

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 8

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 9

    バグダディを追い詰めた IS被害女性ケーラ・ミュラー…

  • 10

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!