Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2019.6. 4号(5/28発売)

特集:百田尚樹現象

2019年6月 4日号(5/28発売)

Cover Story

『永遠の0』『海賊とよばれた男』『日本国紀』── 中韓を罵倒するベストセラー作家が支持を広げる理由

日本社会 日本を席巻する「百田尚樹現象」
インタビュー 「僕は右派と左派の真ん中」
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!
【PERISCOPE】
InternationaList
UKRAINE お笑い出身大統領と議会に蜜月期間なし
BRITAIN 次の首相にもブレグジットの十字架が
NORTH KOREA 中国で性奴隷にされる北朝鮮女性
RUSSIA ISISの基地と化すアフガニスタン
GO FIGURE トランプ大統領の過剰なゴルフ熱
AUSTRIA やはり極右とロシアはつながっていた
RUSSIA 「自由かパンか」で歴史は動く
News Gallery
INDONESIA 大統領選は暴動まで前回を再現
Asia
INDIA モディ圧勝を許したインドメディアの罪
U.S.Affairs
「トランプ転がし」の名人、安倍に勧める5つの秘策
中国監視カメラ企業も禁輸リスト入り?
トランプ政権の「お尋ね者」作戦
【FEATURES & ANALYSIS】
米中関係 ファーウェイ制裁に落とし穴あり
中国 貿易戦争の激化で米中合作ドラマも中止
中東 米イラン戦争を回避する知恵
BY THE NUMBERS  火山のエネルギーと神秘と恐怖
【LIFE/STYLE】
Food 驚きに満ちたグルメの街トーキョー
Science 幹細胞と3Dプリントで自分の骨を作る日
Tourism 次の旅行はチェルノブイリへ?
Musical ポッドキャストでロックオペラを
Games 世界一複雑なゲームはコレ!
Movies 人類史を書き換えるゴジラの世界へ
【DEPARTMENTS】
Perspectives
Superpower Satire 怪しげな漢方で中国の伝統復興?(唐辛子)
PicturePower 革命から40年イラン女性の変わる素顔
Letters
People
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃の反応が...「触らないで!」動画に注目集まる

  • 3

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の華麗な「王室プロトコル」にファンがうっとりため息

  • 4

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    「豊胸手術をしなければよかった」...ヴィクトリア・…

  • 9

    ウクライナで兵力動員が難航...著名部隊「ダビンチ・…

  • 10

    飛行機内で乗客がテイラー・スウィフトの曲を「大合…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中