Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.4. 9号(4/ 2発売)

特集:日本人が知らない品格の英語

2019年4月 9日号(4/ 2発売)

Cover Story

人気の簡易版英語は世界の現場で役立たず── 品格ある「大人の英語」の不可欠な時代がやって来た

語学 英語は3語で伝わ……らない!
アドバイス 科学が教える効果的学習法
実例 つい使いがちな品格なき表現15
寄稿 日本人の英語かく変わりき

平和と国際親善の天皇が去る

日本 友好と平和を追求した天皇と安倍政権の「距離感」

NZ女性首相、ムスリム姿

イスラム教 連帯を示すスカーフ着用が誤解と絶望を呼んでいる
【PERISCOPE】
InternationaList
SYRIA ISIS「完全制圧」でもテロの脅威が
BRITAIN 英議会の「イヤイヤ」でEU離脱は五里霧中
BRUNEI 「同性愛セックスは石打ち刑」の衝撃
VATICAN 新たなスキャンダルは「編集権強奪」
GO FIGURE トランプの不人気と大統領選の方式変更
NORTH KOREA 反体制派が独裁打倒闘争を本格化
NEW ZEALAND エルドアンの怒りの裏に「歴史問題」
News Gallery
VENEZUELA 停電復旧後もベネズエラの暗黒は続く
BRITAIN 混迷の祖国を離れキューバへ逃避行?
Asia
CHINA 習近平の訪欧で笑ったのはあの国
U.S. Affairs
バイデンが米大統領選の出馬前に失点
宇宙服が問い掛ける科学界の男女格差
Business
ウォール街を動揺させる逆イールドの不吉度
【FEATURES & ANALYSIS】
ブレグジット 大迷走イギリスが方向転換できない訳
米政治 ロシア疑惑報道はフェイクにあらず
ルポ インド宗教弾圧の巧妙さ
BY THE NUMBERS  深刻な米家庭の銃問題
【LIFE/STYLE】
Movies 『バイス』が描く史上最凶の副大統領
Movies 鬼才マックイーンの軌跡は映画館で見たい
Leadership リーダーの在り方はドラマから学べ
Health 男の子との双子は女の子にマイナス?
Health スマホが若者の鬱症状を増やす(かも)
Theater 女優が演じる『リア王』の狂気
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 銃規制をできる国、できない国(パックン)
PicturePower 「復興ルワンダ」25年目の憂鬱

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!