Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2019.4. 9号(4/ 2発売)

特集:日本人が知らない品格の英語

2019年4月 9日号(4/ 2発売)

Cover Story

人気の簡易版英語は世界の現場で役立たず── 品格ある「大人の英語」の不可欠な時代がやって来た

語学 英語は3語で伝わ……らない!
アドバイス 科学が教える効果的学習法
実例 つい使いがちな品格なき表現15
寄稿 日本人の英語かく変わりき
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

平和と国際親善の天皇が去る

日本 友好と平和を追求した天皇と安倍政権の「距離感」

NZ女性首相、ムスリム姿

イスラム教 連帯を示すスカーフ着用が誤解と絶望を呼んでいる
【PERISCOPE】
InternationaList
SYRIA ISIS「完全制圧」でもテロの脅威が
BRITAIN 英議会の「イヤイヤ」でEU離脱は五里霧中
BRUNEI 「同性愛セックスは石打ち刑」の衝撃
VATICAN 新たなスキャンダルは「編集権強奪」
GO FIGURE トランプの不人気と大統領選の方式変更
NORTH KOREA 反体制派が独裁打倒闘争を本格化
NEW ZEALAND エルドアンの怒りの裏に「歴史問題」
News Gallery
VENEZUELA 停電復旧後もベネズエラの暗黒は続く
BRITAIN 混迷の祖国を離れキューバへ逃避行?
Asia
CHINA 習近平の訪欧で笑ったのはあの国
U.S. Affairs
バイデンが米大統領選の出馬前に失点
宇宙服が問い掛ける科学界の男女格差
Business
ウォール街を動揺させる逆イールドの不吉度
【FEATURES & ANALYSIS】
ブレグジット 大迷走イギリスが方向転換できない訳
米政治 ロシア疑惑報道はフェイクにあらず
ルポ インド宗教弾圧の巧妙さ
BY THE NUMBERS  深刻な米家庭の銃問題
【LIFE/STYLE】
Movies 『バイス』が描く史上最凶の副大統領
Movies 鬼才マックイーンの軌跡は映画館で見たい
Leadership リーダーの在り方はドラマから学べ
Health 男の子との双子は女の子にマイナス?
Health スマホが若者の鬱症状を増やす(かも)
Theater 女優が演じる『リア王』の狂気
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 銃規制をできる国、できない国(パックン)
PicturePower 「復興ルワンダ」25年目の憂鬱
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 2

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が語る「敗北のシナリオ」

  • 3

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 6

    南海トラフ巨大地震で日本を失わないために

  • 7

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 8

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 9

    台湾に100機近い気球を飛ばしてくる中国が意味不明

  • 10

    2024年を生き抜いたプレーヤーが、Web3.0の未来を握る

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に…

  • 7

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 8

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中